: 2013年3月14日

「100ミリ・シーベルトまで安全」は本当か? 「帰還基準緩和」で注視すべきポイント

「100ミリ・シーベルトまで安全」は本当か? 「帰還基準緩和」で注視すべきポイント|大震災から2年目の「今」を見つめて|ダイヤモンド・オンライン

●線源関連の線量拘束値と参考レベルの選択に影響を与える因子

・1mSv以下――計画被曝状況に適用され、被曝した個人に直接的な利益はないが、社会にとって利益があるかもしれない状況(計画被曝状況の公衆被曝)

 わかりにくい表現だが、事故などで公衆が意図せざる被曝状況にあり、被曝を避けなければならない、しかし、年間1mSvまでなら社会活動上の利益があるので許容する、と解釈する。

・1-20mSv以下――個人が直接、利益を受ける状況に適用(計画被曝状況の職業被曝、異常に高い自然バックグラウンド放射線及び事故後の復旧段階の被曝を含む)

・20-100mSv以下――被曝低減に係る対策が崩壊している状況に適用(緊急事態における被曝低減のための対策)

「計画被曝」とは作業者のことである。したがって、この項目を公衆レベルで読むときは、太字にした「事故後の復旧段階」と「緊急事態」が適用される。

 つまり、事故直後の「緊急事態」では対策が崩壊しているので、短期的に20-100mSvまで許容、「復旧段階」では一般公衆の被曝量は1-20mSvまで認める。

 1mSvなんて厳しすぎる、という議論がこれからたくさん出てくるだろうが、福島県の「除染特別地域」で「20mSv/yへ抑え、長期的には1mSv/yへ」と数値目標を定めているのは、環境省が「ICRP2007年勧告」を以上のように適用しているからである。

コラムの最終ページの説明が分かりやすい。

除染特別地域の概要・進捗|除染情報サイト:環境省

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。




◆今日のウォッチ記事リスト
2013/03/20 : 食品のセシウム検査縮小へ 厚労省 - 47NEWS(よんななニュース)
2013/03/19 : 東京新聞 放射能から野菜守れ 沼田で対策紹介 群馬(TOKYO Web)
2013/03/14 : 「100ミリ・シーベルトまで安全」は本当か? 「帰還基準緩和」で注視すべきポイント
2013/03/09 : 東京新聞 あとは私が消えるだけ チェルノブイリ汚染地域歩く 放置された村
2013/03/01 : 福島原発事故からやがて2年 WHO、がんにかかる「リスク」の増加などを発表 - swissinfo.ch
2013/02/27 : 2013年2月26日 群馬県 - 報道提供資料から抜粋
2013/02/23 : 放射性物質 県北1人が突出 食事1キロ当たり171ベクレル−−県陰膳調査 /福島
2013/02/21 : チェルノブイリ事故25年以上、現地なお先見えず 松本市の菅谷市長に聞く :日本経済新聞
2013/02/19 : 「美味しんぼ」の「福島の真実篇」について 雁屋哲の今日もまた
2013/02/03 : 渡良瀬遊水地のヨシ焼き、3年ぶりに再開へ : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2013/02/02 : これは氷山の一角、この国の人権意識の劣悪さに幻滅した。
2013/02/01 : 東京新聞:生活保護引き下げ 受給者増 県内も影響大:群馬(TOKYO Web)
2013/02/01 : 2013年こそ良い年でありますように | 雁屋哲の今日もまた
2013/01/31 : 東京新聞: 「地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家が
2013/01/31 : 『原発事故被害地おける、医師らによる「被曝調査活動」の本質』
2013/01/31 : 赤城修司さん「トホホ福島日記|ヒロシマ平和メディアセンター/中国新聞
2013/01/31 : 中国敵視は日本を孤立させる
2013/01/29 : ご挨拶 | 雁屋哲の今日もまた
2013/01/24 : 双葉町は永遠に(町長メッセージ) | 双葉町公式ホームページ臨時サイト(災害版)
2013/01/22 : 住宅の線量測定始まる…那須塩原 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2013/01/22 : cocoさんの書き出し「水俣病の経験を福島にどう生かすか」
2013/01/19 : 中国と対立するなら露朝韓と組め
2013/01/19 : 真実は闇の中・・・政府は必ずウソをつく?
2013/01/18 : ネットウォッチの出発点に立ち戻ろう。