: 2013年2月21日

チェルノブイリ事故25年以上、現地なお先見えず 松本市の菅谷市長に聞く :日本経済新聞

チェルノブイリ事故25年以上、現地なお先見えず 松本市の菅谷市長に聞く :日本経済新聞

長野県松本市の菅谷(すげのや)昭市長は、外科医として1996年から2001年まで約5年半、ベラルーシに長期滞在し、チェルノブイリ原子力発電所事故(86年)後に多発した小児甲状腺がんの治療にあたるなど医療支援を続けた。昨年7月にベラルーシを訪れ、かつての患者や知人、政府の医療関係者に会い、事故から25年以上が過ぎた現地の状況を調べてきた。


モーズリは原発から約90キロの距離。軽度の汚染地で住民の避難は行われていない。中学校の先生たちの話では「子どもたちの免疫力が落ちているようで、風邪をひきやすく、ひくと治りにくい。疲れやすく集中力を欠かしがちだと心配していた」

「汚染した土壌のほこりを吸い込み続けている影響か、食品の検査をしていても徹底されていないなどの理由で放射性物質の摂取がわずかながら継続していることも考えられる」

・・・

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。




◆今日のウォッチ記事リスト
2013/03/20 : 食品のセシウム検査縮小へ 厚労省 - 47NEWS(よんななニュース)
2013/03/19 : 東京新聞 放射能から野菜守れ 沼田で対策紹介 群馬(TOKYO Web)
2013/03/14 : 「100ミリ・シーベルトまで安全」は本当か? 「帰還基準緩和」で注視すべきポイント
2013/03/09 : 東京新聞 あとは私が消えるだけ チェルノブイリ汚染地域歩く 放置された村
2013/03/01 : 福島原発事故からやがて2年 WHO、がんにかかる「リスク」の増加などを発表 - swissinfo.ch
2013/02/27 : 2013年2月26日 群馬県 - 報道提供資料から抜粋
2013/02/23 : 放射性物質 県北1人が突出 食事1キロ当たり171ベクレル−−県陰膳調査 /福島
2013/02/21 : チェルノブイリ事故25年以上、現地なお先見えず 松本市の菅谷市長に聞く :日本経済新聞
2013/02/19 : 「美味しんぼ」の「福島の真実篇」について 雁屋哲の今日もまた
2013/02/03 : 渡良瀬遊水地のヨシ焼き、3年ぶりに再開へ : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2013/02/02 : これは氷山の一角、この国の人権意識の劣悪さに幻滅した。
2013/02/01 : 東京新聞:生活保護引き下げ 受給者増 県内も影響大:群馬(TOKYO Web)
2013/02/01 : 2013年こそ良い年でありますように | 雁屋哲の今日もまた
2013/01/31 : 東京新聞: 「地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家が
2013/01/31 : 『原発事故被害地おける、医師らによる「被曝調査活動」の本質』
2013/01/31 : 赤城修司さん「トホホ福島日記|ヒロシマ平和メディアセンター/中国新聞
2013/01/31 : 中国敵視は日本を孤立させる
2013/01/29 : ご挨拶 | 雁屋哲の今日もまた
2013/01/24 : 双葉町は永遠に(町長メッセージ) | 双葉町公式ホームページ臨時サイト(災害版)
2013/01/22 : 住宅の線量測定始まる…那須塩原 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2013/01/22 : cocoさんの書き出し「水俣病の経験を福島にどう生かすか」
2013/01/19 : 中国と対立するなら露朝韓と組め
2013/01/19 : 真実は闇の中・・・政府は必ずウソをつく?
2013/01/18 : ネットウォッチの出発点に立ち戻ろう。