: 2013年2月03日

渡良瀬遊水地のヨシ焼き、3年ぶりに再開へ : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

渡良瀬遊水地のヨシ焼き、3年ぶりに再開へ : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

同事務所と周辺の4市2町などは1月、ヨシ焼き再開の是非を検討する協議会を設置。ヨシや下草の焼却灰の放射性セシウム濃度を測定した結果、最大でも1キロ・グラム当たり930ベクレルで、通常の廃棄物として処理が可能な基準(8000ベクレル)を大きく下回り、「安全性に問題はない」と判断して再開を決めた。

(2013年2月2日12時55分 読売新聞)
一般ゴミの焼却で数百から数千ベクレルの焼却灰が出てしまう。当然、ヨシの焼却でも同じことが起きる。燃やさなければ濃縮することはない。広範囲のヨシの焼却灰はそのままそこに置かれるだけだから、焼却により飛散する灰が問題なのだろうか。どの程度の飛散するのだろう。一般ゴミの焼却よりもひどいのだろうか。害虫の発生などの弊害よりも、そのままそっとしておくことが良いのだろうか。いろいろと考えてしまう。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。