: 2012年3月29日

がれきを受け入れが騒がしい、これをポイントに考えてみる

群馬県知事をはじめ、市や町のかれき受け入れへの動きがある。
絶対反対の声を聞く、少しでも汚れたものを受け入れたくないという意見、理解できる。
しかし、岩手県宮古より、群馬の方が汚染されている。
それでも、やはり放射能がついたものは受け入れたくないと言う、これも理解できる。
ましてや、がれき処理に関係する利権、つまり金について批判する声もある、これにも同感する。

それでは、金から考えるが、金でしか企業や行政は動かないことを知っているだろうか。
金のシステムを問題にすると、社会の成り立ちを根本から変えなくてはならない。これには、1000年かかると(根拠なく)思う。

はじめに、金をどう使うかということを考えたい。
税金を使うのが行政だから、その使い方を決めるのが首長と議会だ。行政職員ではない。これを選ぶのが民主主義だ。つまりは、首長をや議員を選びなおすことだ。これは数年ごとに可能だし、なんなら今すぐ選挙を求める行動も可能だ。

つぎに、宮古のがれきがいやなら、日々焼却されている群馬県の地域の一般ゴミは心配にはならないのか。単純に考えても宮古の二倍は放射能に汚染されている。このゴミを焼却するなという声をまだ聞かない。これはなぜだろう。

脱原発も大事な目標だが、その出発点には、身近な放射能の問題があるはずだ。
群馬のどこもすでに汚染されている。ここに住む以上、外部被曝は避けられない。また、地元産に限らず食べ物での内部被曝も避けられない。個人としては、食品の購入に神経を使うことだろうが、では子供たちの学校給食や子供たちの周囲の環境については何をしているのか。
道路で遊んではいけないと注意するのは、子供の安全のためであって、自動車に迷惑をかけないようにということではない。
おかしいではないか。

命の次に大事な金で世の中は回っている。
がれきの受け入れに、たくさんの企業が利益を求めて集まっている。
群馬県内のたくさんの企業が関係するだろう。がれきの運搬には、産廃の業者が、そしてトラックの販売とメンテナンス、積み下ろしの重機、見渡せばさまざまな業種がつながっているはずだ。そして、その利益を当てに暮らす人たちがいる。利益をめざす経営者のみではない。

がれきの放射能の心配することに平行して、地域の放射能の問題を考えてみるのはどうだろう。
そして、脱原発と同時に群馬県北部の子供たちを避難させる声もあげてもらいたい。
※あなたの行動は未来の子供たちがウォッチしている。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。