: 2012年2月08日

時事ドットコム:東電、中古車価格で賠償=警戒区域内の自動車補償

時事ドットコム:東電、中古車価格で賠償=警戒区域内の自動車補償

 対象車種は警戒区域内で登録を永久抹消した普通自動車や軽自動車、バス、トラック。取得費用の査定は第三者機関の財団法人日本自動車査定協会が担う。東電は約3000台、30億円程度が支払い対象になるとみている。

たったの30億円か!
持ち出した人で、転売した人は汚染自動車を売った自責の念にかられるだろう。
転売せずに乗っている人は、汚染源とともに暮らしていることになる。
何もかも、東京電力に責任がある。
知恵を出して対応を考えないと何も補償はない。
棄民の現実だ。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。