: 2011年9月16日

ネットウォッチからのお知らせ♪ 2011/09

◆ 2011/09/30
本日はアトミックカフェに参加します。
まだ、汚染マップの衝撃から前に進めません。3.11事故の当日のようです。周りは、いつものように仕事に行き、学校に行く、不思議な世界です。自分だけが、自分の感じる世界だけが違っているのだろうか。

3.11の後、ミネラルウォータと食料、コメを買出しに行きました。翌日には、パンや麺類が売り切れていました。ガソリンスタンドも長蛇の列そして売り切れ、灯油も売り切れ。そこにいる人の多くは、原発の放射能を心配してではなく、被災地へ食料や燃料が送られることから、品不足を見越しての買出しです。

自分は、原発のことだけが不安でした。換気扇を止めて周りを目張りし、外出を控えました。
原発が爆発するニュースの前に、水道水をポリタンクやバスタブに貯めてました。飲料はミネラルウォータを用意しましたが、炊事には水道水が必要です。汚染するかもしれないと思ったのです。その数日後その通りになりました。しかし、貯め置きの水など何日も持ちません。

できることはしたつもりです。高線量の放射能が降ってきたとしたら、閉じこもりは意味がなかった。無防備な人より、初期の放射性ガスやヨウ素の被曝はいくらか少なかったかもしれません。しかし、これからもここに住むことを考えると、環境や食べ物で被曝を続けることになります。これが問題です。

汚染マップが発表されても、つまらないニュースばかりです。


◆ 2011/09/29
千葉の航空機による測定分が発表されました。
比べると群馬はすさまじい汚染です。ダブルパンチを喰らってめまいがします。
チェルノブイリの原発から遠く離れたところに汚染地帯ができたことと同じです。
国も県も住民側に立って何かしようという姿勢が見えません。
県の環境課は上毛新聞に答えて、大したことがなくて安心とか、山は測定値が高く出るとか、他所事のように語りました。県議会、知事、川場村、みなかみ、片品、沼田、高山、中之条、そしてみどり市など、安心情報を広げて行くのでしょうか。
もしそうなら群馬を捨てましょう。
捨てられないなら、動きましょう。
自分や家族の命が懸かっています。
これは命懸けのことです。
毎日デモをやるくらいの危機感がありますか。
汚染マップを見て、命を奪われるのは自分だと、認識していますか。

明日は前橋でアトミックカフェです。参加します。
文科省の汚染マップの衝撃から立ち直れません。どうすればいいのか、まとまりません。福島に暮らしているか方々と同じ命題に直面しています。早川先生のツィートが心に響きました。
@HayakawaYukio 早川由紀夫
世の中には二種類の人がいる。1どんなにいやなことでもいいから本当をしりたい人。2いやなことは聞きたくない見たくない。いやなことなら本当を知るのはいやだ。知らないままでいたい人。私は1の人だけに向かって話している。2の人は私のツイートを読まないほうがいい。読むと不幸になる。

今日もニュースとブログをひと通り見ました。ツイッターのフォローはローカルをメインにしましたので、リツィートでさまざまな声をウォッチしています。

◆ 2011/09/28
文科省の地図を見て衝撃を受けました。
今日は考えがまとまりません。
とりあえずマップをアップしました。
トップに置いて見ると、全身の力がなくなります。
子どもたち、これから生まれる子どもたち、未来はこの地図の中にあります。
どうやって生きていくのでしょうか。
目先のことに夢中になって刹那に生きるしかないのか・・・
それも、刹那を生きる生命力があってこそ、何もかも放射能は奪っていく。
くそ東電!!!

◆ 2011/09/27
朗読のバックをウクレレでポロンポロン、良い経験ができました。参加された方と放射能の問題を共有しました。しかし、当人はポロンポロンに精一杯・・・
群馬県のヘリからの線量調査の結果がでました。早川先生の地図と比べると、小さなうす緑が数箇所あるだけで、全体に汚染が広がっているのは見えますが、そこがホットエリアという感じがしません。この地図で心配する人は多いと思いますが、地図の巧妙な表現を最大に利用して行政は除染や避難に踏み出さないのではないかと想像しています。川場村はどうするのか、ウォッチをしていきたいと思います。
先日から一人でもデモの毎日を続けています。まだ、誰にも声を掛けてもらえませんが、後続の車がポスターを確認しているという感じはあります。見てどうなると言うのではありません。名刺も脱原発、仕事で主張するというのは思いもしなかったことですが、仕事をこの緊急の問題と切り離してすることはできません。自分の変化に驚きながらも、出会った方がボランティアをしていたり、被災地へ物資を送る活動をしていたり、世間は狭いと感じました。

◆ 2011/09/25
群馬県内の給食の放射能検査の実態をまとめたいと思いましたが、機動力がなく、情報があまり集まりません。ご協力いただいた方には申し訳なく思います。ローカルメディアをめざしてと意気込んでみましたが、丸きりの空振りです。大いに反省しています。マイメディアからローカルメディアに変身するには時間がかかりそうです。給食からの内部被曝を防ぐために役に立ちません。このサイトを更新するための時間をリアルな活動に使ったほうが良いのではないかと考えています。

◆ 2011/09/24
連休、お彼岸、人工衛星の落下、秋の気配、運動会・・・
さて、給食の放射能検査や除染など、群馬県内の学校の情報を集めて共有をしたいと思いました。ネットならばできると思いましたが、このサイトやツィッターの力不足で、情報が集まりません。予想の通りでした。手と足と口と耳で情報を集めることにします。ご協力いただける方はこれからもお願いします。

◆ 2011/09/23
情報共有のために一覧表の雛形を作りました。果たして有効に機能するか不明です。役に立つには時間がかかり、早急の対応には間に合わないかもしれません。しかし、情報が周辺につながらない状態では、どなたも不安だと思います。ローカルで共有するメディアを一緒に構築しましょう。まずは、できることからやってみようと思います。グーグルのドキュメントは初めて使うのでよく分かりません。ご意見や、情報を記入したいただく方を募ります。

◆ 2011/09/22
◇ 台風が過ぎていきました。福島第一原発は無事だったようです。夜半にライブカメラを何度か見ました。昨夜の大き目の地震でもやはりライブカメラを見ました。建屋を覆う樹皮の外壁が建設中です。見るも無残な建屋が見えなくなると、危険が去ったように思う人が出てくるかもしれません。原子炉はメルトダウンと溶解した燃料は地下にもぐっていきました。そこで何が起きているのか誰にもわかりません。
不安は消えません。

◇ 事故から半年、ネットウォッチを整理して、投げ出していた仕事を再開しました。しかし、放射線管理区域と同じ放射能に汚染された場所に暮らす子どもたちのことや、給食の食材での内部被曝のこと、汚染された学校などの除染のこと、誰も声を上げない状況を見ると、何かしなくてはと焦ります、とても仕事に身が入りません。
それで、放射能汚染の問題解決の訴えと仕事を一緒にやることにしました。車にはすでに原発反対ののステッカーを貼っています。デモに使った子どもを守れのポスターも目立つところに張りました。名刺にも子どもを守ろうとメッセージを入れました。仕事で出会う人たちも同じ不安の中にいると思います。放射能汚染の情報を共有し連帯をお願いしたいと思います。

◆ 2011/09/20
昨日のデモはお疲れ様でした。

 このサイトは、情報の共有と連帯を呼びかけます !!!
北関東を取り巻く山間部の放射能汚染は、場所によっては放射線管理区域に指定されるべき所があります。それらの場所は、広範囲の人々の食料を生産している場所でもあります。
福島県で風評被害という名目で口封、また食べて応援など、国民を被曝させている状況、とても許せません。これは関東でも危険な状況です。
 子どもたちの内部被曝を防がなくてはなりません。
福島だけではないことを認識して、放射線管理区域に該当する学校や幼稚園、保育園の調査と除染、あるいは避難を、自分たちの現実として考えてください。
 見て見ぬふりをしていれば、被曝を放置する国と同じことになります。
デモに参加することで高揚される気持ちは理解します。デモが大切なことも理解します。しかし、眼前の問題はだれが解決するのでしょうか。
 食物での内部被曝を考えれば関東はおろか全国一円安全なところはありません。
自分の孫や子どもたちの暮らす場所で行動を起こしましょう。
学校給食の食材を安全なものにしましょう。
流通販売される食材の放射能表示を求めていきましょう。

◆ 2011/09/19
◇ 学校給食と放射能についてウォッチします。ツィッターでもメールからでも情報を求めます。お知らせください。
◇ 台風が近づいてるために天気予報は当たらないのかもしれません。今日は、9.191000万人アクションです。参加なさる方は、水分をまめに補給して熱中症に気をつけてください。
◆ 2011/09/16 作成中・・・
◇プリンさんの避難日記、放射能から子どもたちを守るために、一直線、国宝・松本城下で暮らすプリンさんの避難日記です。
◇ ツィッターをウォッチ/桐生の教育委員の問題発言!!!
庭山由紀桐生市会議員のブロクからアップしました。6月議会の動画には、迫真の質疑があります。部長職の答弁は、市として放射能から市民を守ると言う意識がありません。暫定基準値が国際的にもかけ離れてひどすぎる実態を、議員は具体的な数値を示し、市民を放射能から守る意志があるのか質します。彼らは要領を得ない答弁で市民への説明責任を果たしていません。

◆ 2011/09/15
新コメが市場に出てきます。野菜などの汚染も心配です。
また、子どもたちの周囲の除染はどうなっているのか、
学校の除染はどうなっているのか、問題点を考えてみようと思います。
学校給食に使われる食材の放射能検査はどうなっていますか。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。