: 2011年8月17日

終わりの始まり

(◎△v)
泊原発が稼動した。
何を戸惑っていたのかと思うほどすんなりと・・・
◇すでに本格稼動していたのだから、止めるかどうかの問題だった。

国民の反対の声は無視された。
これが日本という国の真実の姿だ。
◇何が起きても誰も責任を取らないという、日本の無責任体制の手順を一通りやって見せた。

もちろん、原発反対のデモはやる方がいいし、
しかし、現実に原発を止める力にはなっていない。
◇何とも思ってはいない。

原発を止めるのは事故しかないのだろうか・・・
新しい、終わりの始まりになるのか。

できることをやる。

政治を変える。
デモをやるなら必ず政治家の事務所へ押し掛ける。
地域の政治家、自治体の議員や国政の議員を反原発の人に変える。
人材が居ないなら、自分か仲間が手を上げる。
国を変えるには地方も変えなくてはならない。

企業を変える。
不買運動をする。買わないと意志表示をする。
あるいは、買うと意志表示する。

放射能を恐れて、避難したいと言う事ができない。
自分の子どもが心配だからと食べ物を拒否することができない。
民主主義を求めることも基本的人権を訴えることもできない。
この国の人々が市民になれるかどうか?

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。