: 2011年7月14日

小出先生の政治不信を受けとめよう

こんにちは、暑い日が続きます。

小出先生の政治不信発言をたびたび耳にしました。
理解できます。

しかし、政治なしでこの国を変えることはできません。
今の状況は、政治家に責任があると思いますが、彼らを選んだ国民にも責任がある。

小出先生の政治不信に同調する人が多いと思います。
しかし、小出先生と一緒になって政治を揶揄する前に考えてほしい。
すべてを投げ打って反原発を貫いてきた小出先生は、政治への絶望と同時に、政治を支える多くの国民の意識にも絶望してきたのではないかと。
小出先生の政治不信は国民不信とも言えます。
たとえ無知だったとしても、原発推進の国策に追随してきた国民は、今回の事故に至る責任の一端を問われている。

政治を揶揄し皮肉を言っても何も変わりません。
政治を変えるためには、政治家を変えなくてはならない。
選挙を待たずに政治家を変えるには落選運動しかない。
国民の世論を無視する政治家は次の選挙で落選する。
(国民を馬鹿にしてあざ笑う政治家は思い知れ!)
国民はどのような社会を望むのか政治家へ訴えなくてはならない。

どのような社会を望むのか、声を発することを国民は問われています。
国民が、政治変える力は自分たちにあることを意識し、政治を変える行動が広がるまで、小出先生の政治不信発言は続くのではないかと思います。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。