: 2011年7月06日

移動しながら計測した線量の意味は?

こんにちは、今日も暑いです。
前橋はの天気は夕方から雨の予報になっています。

昨日の昼ごろにガイガーカウンタがヤマト便で届きました。
それからモニターを続けていますが、同じ場所でも変化します。

機種はこれです。


昨日は、前橋から沼田市まで国道17号を往復しました。
0.08mcSvの時もあれば0.4mcSvの時もありました。
これらの簡易型のガイガーカウンタは、機械ごとに数値にバラつきがあり、
測定方法によっては計測した数値はあてにならないということです。
ある場所とある場所の比較の目安にくらいには使えるということです。
このへんのことを、もうすこし、ネットで情報を得たいと思います。
今回の移動では、心配になるような大きな数値は計測されませんでした。

車で移動しながらの計測した値はどういうことになるのでしょうか。
20秒に一回計測した数値を表示します。
20秒移動した範囲での空間線量ということになります。
特段に高い数マイクロシーベルトを計測した場合には、
車を降りて再計測する必要があるのかも知れません。

移動する時はいろいろな場所へ持って行きたいと思います。
本当に心配な場所に気がついた時は、
県や市町村へ通知して、見解を求めてみたいと思います。
その結果をご報告します。

さて、今日もウォッチをはじめます。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。