: 2011年6月06日

放出77万テラベクレルと修正

◆ニュースウォッチ
放出77万テラベクレルと修正 第1原発、推計の2倍強 - 47NEWS(よんななニュース)

(◎△v) またか・・・、しかも燃料の溶融した時刻も修正した。
事故当日の保安院の会見を覚えている。燃料が溶融していると言っていた。
その後、これは否定された。水位計と温度計、圧力計がどうのこうので、燃料は半分くらい水に浸かっているとかいないとか。だから、溶融はしていないと考えるとか思うとか。
記者の質問に明確に答えない歯切れの悪い説明だった。

国と県、川俣と福島の高線量値公表せず(福島民友ニュース)
さらに、政府の発表漏れ、福島県の発表漏れ、データは見たはずだ、国民や住民の被曝の恐れがあるとき、どのようにデータを見たのだろう。危機意識がなかったか、故意にか、情報は発表されなかった。

起きた時間を調整している。別の懸念材料を発表して注目をそらす。準備の段階なのに、効果を過大に評価する。事象を精査して発表している。が、つじつまが合わなくなると、後からデータを出したり、修正したり、数値を変える。
これでは、ウォッチしていることの意味がない。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。