: 2011年5月27日

ツイッターから

こんにちは、Taddy西田です。
入梅か?という声が耳に入りました。
20mSvの問題について文科大臣が記者会見。文科省が文書を出す。年間1mSvから20mSvを目安とし、今後できる限り、線量を減らしていくという基本に立ち、年間1mSvを目指す。国が児童生徒の受ける線量の低減策を講ずる設置者に対し、財政的支援を行う。
昨日決定した文部科学部会の緊急提言を受け、ようやく文科省が対策を発表した:福島県全ての学校等に対して線量計を配布・年間1ミリシーベルト以下を目指す・校庭の表土除去に対する財政支援を行うこれからも更なる対策を講じるよう働きかけます。みなさまの活動とご支援に感謝と敬意を表します。
どちらにも敬意を表してフックアップしました。
先日の福島のお母さん方の力だと思います。しかし、まだ微妙な表現にとどまっています。注視していきましょう。

年間1ミリシーベルト以下が目標 学校活動制限で文科省/福島民報

さて、ウォッチをはじめます。


特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。