: 2011年4月21日

-今日のウォッチ

作業員の被ばく線量、さらなる引き上げ検討 | 日テレNEWS24というニュースが目につきました。国際基準では、緊急作業の場合は年間500ミリシーベルトまで認められているが・・・とあります。現場の放射線量の高さから、作業員へ命がけの状況を求める検討です。こんな検討が許されるのか?、とても受け入れられません、と考えていたら。東京新聞:原発作業被ばく線量 「救命時は無制限」検討:福島原発事故(TOKYO Web)という、もっとすごい、寒気がするような記事がありました。何か理不尽な気持がしてなりません。福島第1原発:作業員の被ばく線量 管理手帳に記載せず - 毎日jp(毎日新聞)というニュースや、福島第1原発:「ババ引くのは作業員」嘆く下請け社員 - 毎日jp(毎日新聞)ということを見るにつけ、フクシマ50とか賞賛している記事のうそ臭さを感じます。現場に追い込まれているのは、利権とは無縁の自分と同じ労働者であると強く感じます。

警戒区域、22日午前0時指定 政府方針、原発20キロ圏内 - 47NEWS(よんななニュース)事故以来、放射能の放出はないとか、直ちに健康に影響はないとか、あの忌々しい顔を見るにつけ、「靴を投げつけたい」ツィトと、まつたく共感でした。

燃料溶融の可能性認める 東電、福島第1原発 - 47NEWS(よんななニュース)原子力資料情報室の後藤氏や、京都大学原子炉実験所の小出先生の話を聞いているので、いまさら燃料が溶融していることを認めた(歯切れ悪く)という意味が分かりません。

--そのほか、海へ天文学的な放射能汚染水を放出したこと、4月4日の海洋投棄が不要だったと思える理由が、またひとつ出てきた: キノリュウが行くと、福島第1原発:高濃度汚染水、海へ流出4700兆ベクレル - 毎日jp(毎日新聞)、何か空しくなる。声をあげなかったマスメディアは恥を知れ!にそのときの記録が残されている。

子供たち事には泣かされる。黄金の金玉を知らないか? 原発情報 もはや意味が分かりません。広瀬隆さんのメールの転載依頼が飛んできましたので張ります。

・・・まだまだ、今日のウオッチも長くなりそうです。・・・

※お詫び! m(◎△v);m
Amazonのアフィリエイトをつけました。目障りでしょうが、お許しください。ネットショッピングで喜捨を頂戴できればありがたく存じます。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。