: 2012年10月16日

群馬の放射能トピックス 2012.10.16

群馬県 - 報道提供資料

【10月15日】群馬県立学校の給食等で使用する食材の放射性物質の検査について(スポーツ健康課)
(◎△v) 見なくてもわかる(?)全て不検出、少量をあちこちでまばらに、一度も検出されたことはない。していますと言うためにしています。

【10月15日】きのこ類の放射性物質検査結果について(林業振興課)
安中市から採取されたナラタケ(野生きのこ)から基準値(放射性セシウム合計100Bq/kg)を超えたものが確認された。
10月9日 ナラタケ(野生きのこ) 安中市 166 277 443
10月10日 原木しいたけ(露地栽培) 藤岡市 12 27 39
10月12日 原木しいたけ(露地栽培) 吾妻郡高山村 31 62 93
(◎△v) 野生キノコはだめ、栽培されたものも要注意、キノコや栽培農家が悪いんじゃない。

【10月15日】学校給食(提供食)の放射性物質検査(第12回)について(スポーツ健康課)
児童・生徒へ提供した学校給食1人分を1週間まとめて(5食分)検査
(◎△v) こんな検査で安心という行政は信じられない。

【10月15日】平成24年産夏作飼料作物(青刈りトウモロコシ等)に対する放射性物質の検査について(第5回)(畜産課)
利根沼田 (旧白沢村)10 牛・馬における放射性セシウムの飼料1kg当たりの最大値100Bq/kg
(◎△v) 牛乳牛肉に移行する。この飼料が含まれる。心細い検査だと感じる。

【10月15日】県営浄水場の浄水(浄水場から送り出される水)における放射性物質検査結果について((企)水道課)

【10月15日】農と食の生き生き体験こども塾(幼児)サトイモ収穫(農林大学校)
)(◎△v)放射能が心配という保護者の声があるかないか、声がないとこれが既成事実となり、ほかでも平気で行われていく。自分の子供の心配をすることが、よその子供を救うことにもなる。これが大切なアクションなのです。

【10月12日】24年産米の放射性物質安全検査の結果について(第9回)(技術支援課)
高崎市(旧高崎市、榛名町、群馬町、新町の区域)、渋川市(旧金島村、古巻村の区域)、安中市(旧坂本町、九十九村の区域)、長野原町、嬬恋村、東吾妻町(旧原町、坂上村の区域)の米については、安全性が確認

高崎市 榛名町 セシウム 3.7
渋川市 金島村 セシウム 5.4
その他にも出ている。測定範囲の広さとサンプルの少なさからして、個人や市民測定所による測定が大切だと思う。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。