: 2012年10月04日

群馬県 - 【10月3日】24年産米の放射性物質安全検査の結果について(第7回)(技術支援課)

群馬県 - 【10月3日】24年産米の放射性物質安全検査の結果について(第7回)(技術支援課)

1 検査対象区域及び検体数
  桐生市(旧黒保根村の区域)
  伊勢崎市(旧伊勢崎市、赤堀町、東村、境町の区域)
  太田市(旧尾島町の区域)
  沼田市(旧池田村、川田村、利根村の区域)
  富岡市(旧富岡市、妙義町の区域)
  甘楽町
  中之条町(旧六合村の区域)
  東吾妻町(旧太田村の区域)
  川場村
  昭和村(旧久呂保村、糸之瀬村の区域)
  玉村町

  計 18区域 35検体


 検査を行った全ての玄米について、放射性物質は不検出または基準値以下でした。
  分析機関:(財)日本冷凍食品検査協会
  分析機器:ゲルマニウム半導体検出器


桐生市 黒保根村 検出せず
沼田市 池田村  検出せず
川場村      検出せず
昭和村 久呂保村 47
昭和村 久呂保村 2.9

(◎△v)
出るべくして出ない・・・
昨年はこれだった。
群馬県 - 【10月5日】-「群馬県産米」安全宣言-「群馬県産の米はすべて安全であることを宣言します」(技術支援課)
暫定規制値:放射性セシウム(セシウム134とセシウム137の合計) 500Bq/kg
定量下限値は、セシウム134、セシウム137、放射性ヨウ素とも20Bq/kg
※つまり、40ベクレルということ。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。