: 2012年9月21日

農薬基準超の辛み大根回収 - NHK群馬県のニュース

農薬基準超の辛み大根回収 - NHK群馬県のニュース

群馬県によりますと、今月10日、東京都が都内の市場で検査を行ったところ、沼田市に本所があるJA利根沼田が出荷した辛み大根から国の基準値を超える1キロあたり0.04ミリグラムの農薬が検出されたということです。
検出された農薬は、一般的に使われている「メプロニル」という殺菌剤で、通常食べる量では健康に影響はないということです。
おなじみ(ただちに健康に問題はない)の余計な解説。規準が設けられている意味は危険だからだ。
農薬の危険性は体に取り込まれると重大な影響があるため。
催奇形性や発がん性が動物実験などで確認された場合である。
そもそも、殺菌剤は細菌を殺すものだ。
殺す方法は二つしかない、ひとつは細胞自身を破壊する。もう一つは、分裂をさせない(増殖をさせない)。
細胞自身を破壊する効果は、人が飲み込んだ場合は、口腔、食道、胃腸などの粘膜が障害を受ける。悪心、嘔吐や吐血、下血を起こす。キノコなどの食中毒も似ている。
分裂をさせない、つまり細菌のDNAを破壊する。
人が飲み込んた場合は、すぐには何の影響も見られない。
数年、数十年後に発がんの原因になる。
精子は常に新しく作られているので、男性不妊や奇形児が生まれる可能性がある。
(動物実験による結果と同じ)
大事なことは、放射能も同じと考えなくてはならない。
内部被爆は、放射線や電離作用、生成された活性酸素、もっと複雑に影響する。
農薬に無関心なように放射能にも無関心ではないか?

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。