: 2012年9月20日

サーカス学校、再開いつ? マイクロスポット、除染手つかず−−みどり /群馬- 毎日jp(毎日新聞)

震災1年半:3・11と群馬 サーカス学校、再開いつ? マイクロスポット、除染手つかず−−みどり /群馬- 毎日jp(毎日新聞)

毎日新聞 2012年09月20日 地方版

 放射線量が高いことを理由に一時休校中の「沢入国際サーカス学校」(みどり市東町)の再開の見通しが立たない。9月再開の予定だったが、同校の施設周辺に部分的に放射線量の高いマイクロスポットがあるためだ。同校を運営するNPO法人の西田敬一代表は「入校希望者のため一日も早く再開したいが、現状ではとても無理」と苦しい胸のうちを明かす。【庄司哲也】

 同校は廃校となった小学校を練習場に、サーカスアーティストを養成。昨年12月に学校周辺の放射線量が、除染目安として国が示した毎時0・23マイクロシーベルトを超える値となったことで、9月までの休校を決めていた。

 周辺は除染地域に指定され、同校でも校舎のグラウンドは、盛り土が行われた。みどり市は「国の基準は、地上1メートルの地点で、0・23マイクロシーベルト以上」とし、すでに除染の値を下回るとする。

 だが、西田代表は、自らの測定した結果を基に「除染が手付かずの場所も多く、排水溝などには、現在も値を超える場所がある」と、マイクロスポットの存在を指摘。一時的に場所を移しての再開も検討しているが、賃料や入校者の住居などの条件を満たす適当な場所が見つからないという。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。