: 2012年9月06日

群馬県 - 【9月5日】24年産米の放射性物質安全検査の結果について(第1回)(技術支援課)

群馬県 - 【9月5日】24年産米の放射性物質安全検査の結果について(第1回)(技術支援課)

 前橋市のうち旧宮城村の区域、板倉町

  計 2区域 4検体

 県では国の支援協力を得て、東京電力福島第一原子力発電所から漏れた放射性物質の影響を受けたおそれのある県内農産物の安全確認検査を行っています。
 9月3日までに前橋市のうち旧宮城村の区域及び板倉町の農家から提供を受けた玄米について、分析を行ったところ、全ての検査対象について放射性物質は検出されませんでした。
 このため、前橋市のうち旧宮城村の区域及び板倉町については、安全性が確認されましたので、出荷・販売・譲渡が可能になりました。
 また、当該区域で生産された飼料用の米についても、出荷・販売・利用等が可能になりました。
------------------------------------------------
(◎△v) 2区域4検体で、板倉と旧宮城村の安全が確認されたと言う。コメの検査については広大な耕作地に対してサンプルが少ないことに、果たしてこれで十分に安全なのか不安を感じる。市民測定所や個人での測定でどのような結果が出るのだろうか。ため息とか落胆という顔文字はなかったかな。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。