: 2012年7月18日

群馬県 - 報道提供資料 2012.07.18

今日の群馬県 - 報道提供資料ウォッチ

◇ウオッチ
【7月17日】県営浄水場の浄水(浄水場から送り出される水)における放射性物質検査結果について((企)水道課)
検査結果は、全て不検出であり、飲用に支障はありません。
----------------------
(◎△v) セシウムは水溶性だが、降下したセシウムは落ち葉や砂礫、粘土に付着しているようだ。浄水場の沈殿汚泥からはセシウムが検出されるが、水道水からは検出されていない。これは有難いことだと思う。水に汚染があれば、もはや絶望的だ。

体の中に水分が6~7割あるという、一日に尿や汗で4~5リットルが排泄されるという。それを水の流れとすると、その川の流れは口から飲料や食物で入ってくる。食物は体内で分解されて水と二酸化炭素になる。水道水が比較的安心ならば、もう一つの水の流れの元になる食物の放射能が気がかりになる。

◇参考 浄水場の浄化について
【放射性物質 体内に入れないために】

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。