: 2012年6月17日

除染で撤去の土、サッカー場使用 川場村「問題ない」 群馬 - MSN産経ニュース

除染で撤去の土、サッカー場使用 川場村「問題ない」 群馬 - MSN産経ニュース
2012.6.13 02:04

 県と同村によると、村民有志らが昨年8月、村内で比較的高い空間放射線量が測定された川場小学校校庭など計4カ所で、地表の土約40トンを取り除いた。村は土を村有地で一時保管していたが、周辺住民から苦情が寄せられ、同9月、造成していたサッカーグラウンドの盛り土として、約50センチ地中に埋めた。
 昨年夏の県の調査では、国の埋め立て基準(1キロ当たり8千ベクレル)を下回る約1300ベクレルのセシウムが検出され、完成後の周囲の放射線量も低く、同村は「安全上問題はない」と説明している。

川場村は広域に渡って汚染されている。
学校の校庭を剥いで、もって行った先がサッカー場の造成地だった。
サッカー場の造成に称されたのだろうが、そのほかの造成に使用された土はどこから持ってきたのか。
造成場所も汚れている。持ってきた土も汚れている。あらゆるものが汚染されている。
ニュース以上に問題は深刻だ。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。