: 2012年4月24日

東京新聞:100ベクレル以下で調整 震災がれき受け入れ:群馬(TOKYO Web)

東京新聞:100ベクレル以下で調整 震災がれき受け入れ:群馬(TOKYO Web)
2012年4月24日

 国の基準では、焼却できるがれきは、一キログラム当たり二四〇~四八〇ベクレル。これに対し、県は同一〇〇ベクレル以下に抑えることを検討中。より厳格な基準を設けることで安全性への不安をぬぐう狙いだ。

昨日の桐生の処分場見学会のあとの、清掃センターでの質疑応答でも、どの程度汚染されいるのか検査の方法や確認の方法が質問に挙がった。市民の団体が行政とは別に検査するとか公明性が確保できないければ、何ベクレルの基準といっても意味がない。

そもそも、がれきとは何か、桐生市の埋め立て用地をロスしてまで受け入れる目的は何か。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。