: 2012年3月20日

内部被ばく防ぐ調理法学習・安中/上毛新聞ニュース

内部被ばく防ぐ調理法学習・安中/上毛新聞ニュース
2012年3月19日(月) AM 07:11

管理栄養士で高崎中央病院栄養課の湯本祐子課長が講演した。90人の市民に、野菜や果物はよく洗うなどの対処法を説明した。

 湯本課長は放射能の内部被ばくをめぐる問題について「細胞分裂の盛んな胎児、幼い子どもに影響が出やすい」と指摘。放射性物質を口に入れないようにしたり、仮に入っても体外に排出されるよう下ごしらえが重要と強調し、日頃から免疫力を高める食事を心掛けるよう呼び掛けた。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。