: 2012年3月02日

震災がれき受け入れ 桐生市が検討/上毛新聞ニュース

震災がれき受け入れ 桐生市が検討/上毛新聞ニュース

 亀山市長は上毛新聞社の取材に対し、「本来は国が施設を造るとか、きちんとした姿勢を出してほしい問題。地元住民ら市民の感情に配慮し、安全性を確認してから態度を表明する」と慎重な姿勢を示しながらも、「人道的に考え、受け入れなければならない状況なら対応したい」と話し、月内をめどに結論を出す意向。既に庁内で問題検討の指示を出している。
新里の処理場は伊勢崎市にも近いという。
瓦礫の受け入れに反対するなら同時に、学校や公園、通学路の放射能汚染。学校給食の食材の問題にも目を向けて声を上げて!

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。