: 2012年2月29日

他の団体への協力 - NO!放射能 世田谷こども守る会 「川場移動教室を考える保護者の会」の署名

他の団体への協力 - NO!放射能 世田谷こども守る会 「川場移動教室を考える保護者の会」の署名にご協力ください

「川場移動教室を考える保護者の会」の署名にご協力ください世田谷区の小学校で毎年、 小学5年生を対象に実施される「川場移動教室」。

その安全性に疑問を抱く保護者の方々が「川場移動教室を考える保護者の会」を結成、

より安全に配慮した対応を区に求める署名活動を開始されました。

「世田谷こども守る会」では、この問題について出来るだけ多くの方に考えて頂きたいと

 思い、署名の呼びかけをお手伝いすることになりました。

以下、「川場移動教室を考える保護者の会」の方から寄せられたメッセージです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 この度は、私達「川場移動教室を考える保護者の会」の陳情についての署名活動にご協力を頂き、誠にありがとうございます。

 残念ながら世田谷の子ども達が毎年訪れる川場村も、昨年の福島第1原子力発電所の事故により放出された、想像を絶する量の放射性物質による汚染が進行しております。 

昨年もある程度の対策をとって催行されたこの移動教室ですが、時間経過と共に汚染の状況が明らかとなり、この対策が十分であったのか疑問を抱いた事や、多くの保護者が不安を抱えながらも子ども達を参加させ、そのことで後悔されている方も居られる状況に接し、署名用紙に明示しました4項目を陳情することと致しました。

 本来ならば、行政側自身で中止や変更を含めた検討を進めるべきであると思いますが、残念ながらその様な状況とはなっておりません。行政や学校と保護者で共有し実行できる教育上の「安心」や「安全」の定義や基準を明確にするためにも、少しでも移動教室に参加する子ども達の安全性が向上するよう、世田谷区の対策や対応が徹底されることが大変重要です。

 皆様には川場移動教室の現状に関心をもって頂き、更に一人でも多くの方が署名にご協力を頂けることが、子ども達へのリスクを減らすことに繋がります。

署名は3月15日まで受け付けておりますので、皆様のご理解とご協力を改めてお願い申し上げます。


平成24年2月20日

川場移動教室を考える保護者の会
世田谷苦の保護者のの思いは切実です。
川場村にも子供たちがいます。毎日そこで暮らしています。どうか、この子供たちのためにも声をあげてください。心ある方に呼びかけます。川場村の子供たちを考える保護者の会を立ち上げましょう。
どうする川場村、どうする群馬県!

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。