: 2011年12月03日

東京新聞:放射線量 高崎9地点国基準上回る:群馬(TOKYO Web)

東京新聞:放射線量 高崎9地点国基準上回る:群馬(TOKYO Web)

 福島第一原発事故を受けて、高崎市が市内の教育施設を中心に放射線量を測定した結果、九地点で国の除染基準(地上一メートルで毎時〇・二三マイクロシーベルト)を超えたことが二日、市議会の災害対策特別委員会で報告された。市は遊具や砂場など子どもが遊ぶ場所から優先的に除染している。 (菅原洋)

 市によると、測定は十一月一~十八日、保育・幼稚園、小中学校、公園などの計四千九百七十九地点を対象に、二人一組の職員が国内の測定器を使って進めた。

 それによると、九地点は旧倉渕村の四地点、旧榛名町の三地点、旧市の二地点。

 地上五十センチと地表付近では、計百六十六地点で同〇・二三マイクロシーベルトを超えた。市はこの数値を超えた計百七十五地点全てを月内に除染する方針。

 地表付近の中では、全体で最高となる同一・四マイクロシーベルトの地点が旧倉渕村にあったが、教育施設ではなく、既に除染した。

 ただ、同じ敷地で五地点を面的に測定した平均値では、国の除染基準を超えたケースはないため、市は国に汚染状況重点調査地域の指定は申請しない。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。