: 2011年11月08日

群馬県企業局水道事業の浄水発生土における放射性物質検査結果について

群馬県 - 【11月7日】群馬県企業局水道事業の浄水発生土における放射性物質検査結果について((企)水道課)

•浄水過程で生じる土砂(浄水発生土)から放射性セシウムが検出されました。
検査結果は、下記1のとおりです。
•放射性セシウムは浄水処理工程で除去することができます。
放射性セシウムが検出されたのは強い降雨時に放射性セシウムを吸着した土壌等が河川に流入し、これを取水したことが原因と考えられますが、放射性セシウムは浄水処理工程(沈澱池やろ過池)で除去できます。
•水道水の安全は確認されています。
放射性セシウムは、3月18日以降、74回全て不検出の状況となっており、安全性は確認されておりますので、安心してご利用ください。

・・・ 続きを読む
周囲の水源である山地が汚染されているので、浄水場の流れてくるのは当然のことだ。沈殿ろ過した後の浄水は安全だと言う。※安全宣言のための検査であってはならない。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。