: 2011年10月11日

浄水過程で生じる土砂(浄水発生土)から放射性セシウムが検出されました。

群馬県 - 【10月7日】群馬県企業局水道事業の浄水発生土における放射性物質検査結果について((企)水道課)

•浄水過程で生じる土砂(浄水発生土)から放射性セシウムが検出されました。
検査結果は、下記1のとおりです。
•放射性セシウムは浄水処理工程で除去することができます。
放射性セシウムが検出されたのは強い降雨時に放射性セシウムを吸着した土壌等が河川に流入し、これを取水したことが原因と考えられますが、放射性セシウムは浄水処理工程(沈澱池やろ過池)で除去できます。
•水道水の安全は確認されています。
放射性セシウムは、3月18日以降、63回全て不検出の状況となっており、安全性は確認されておりますので、安心してご利用ください。

1 検査結果

採取日 事務所
(水源) 浄水工程の期間 測定値(Bq/kg)
放射性
ヨウ素 放射性
セシウム
131 134 137
H23.10.6 県央第一水道事務所
(利根川) 7/11

8/5 26日間 不検出 1,200 1,500
H23.10.6 新田山田水道事務所
(渡良瀬川) 9/16

9/29 14日間 不検出 1,100 1,400
H23.10.6 東部地域水道事務所
(利根川) 9/1

9/28 28日間 不検出 540 650
H23.10.7 県央第二水道事務所
(利根川) 9/19

10/5 17日間 不検出 2,100 2,500

水道水の安全は確認されているそうです。
放射性セシウムは、3月18日以降、63回全て不検出の状況

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。