: 2011年9月28日

asahi.com(朝日新聞社):セシウム飛散、250キロ以遠にも 群馬の汚染地図公表 - 社会

asahi.com(朝日新聞社):セシウム飛散、250キロ以遠にも 群馬の汚染地図公表 - 社会
 文部科学省は27日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、群馬県の汚染マップを公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、250キロを超えて広がっていることが分かった。

 8月23日~9月8日、県の防災ヘリコプターで測定した。汚染度の高い地域の帯は、原発から北西60キロ付近まで延びた後、南西に方向を変えて栃木県を越え、群馬県まで続いていた。文科省によると、放射性物質を含んだ雲が山地に沿って風に運ばれ、樹木や雨によって地上に沈着したと推測できるという。

 放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137で最も蓄積が多かったのは県北部。原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの山間部の一部で、1平方メートルあたり10万~30万ベクレルにのぼった。250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えた。チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。

放射性物質、全域で目安以下 分布図公表 / 上毛新聞ニュース

放射性物質、全域で目安以下 分布図公表 / 上毛新聞ニュース

●放射性物質、全域で目安以下 分布図公表
 文部科学省と県は27日、航空機による放射性物質調査の結果を分布図にして公表した。地上1メートルの空間放射線量は北部の山間地域で毎時0・5~1マイクロシーベルトと比較的高い傾向がみられたが、文科省が校庭や園庭での目安とした毎時1マイクロシーベルトをほぼ全域で下回った。地表の放射性セシウム蓄積量も北部の山間地域で他地域より高めだったが、全域で1平方メートル当たり30万ベクレル以下となり、県は「コメの作付けには問題ない」と説明している。県内の放射性物質の分布状況が示されるのは初めて。

 調査は文科省と県が8月23日から9月8日にかけて実施した。県防災ヘリコプター「はるな」に、米国エネルギー省の高感度放射線検出器を搭載、地上150~300メートルの上空から放射性物質が発するガンマ線を測定し、地上1メートルの空間放射線量と地表の放射性セシウム蓄積量を算出した。

 空間放射線量が毎時0・5~1マイクロシーベルトを測定したのは桐生、沼田、渋川、みどり、中之条、高山、川場、みなかみの8市町村の一部地域。みどり市で毎時1・03マイクロシーベルトを観測した地点があったが、山奥で民家はほとんどないという。東毛や中毛の平野部は低く、県内1200カ所以上で実測した県調査と同様な傾向だった。

 結果を受け、県は毎時0・5~1マイクロシーベルトを測定した地域や周辺の計68カ所で地上から緊急調査したところ、毎時0・12~0・48マイクロシーベルトとなった。県環境保全課は、航空機からの調査は山の斜面が近づく谷間で高い数値が出やすい傾向があるとし、「心配する数値ではない」と話している。

 地表の放射性セシウム蓄積量も空間放射線量と相関関係がみられた。桐生やみどり、沼田、川場など山間部で1平方メートル当たり10万~30万ベクレルのセシウムを検出。ただ、土壌1キログラム当たりに換算するとおおむね500ベクレル~1500ベクレルとなり、コメの作付けが制限される基準値(同5千ベクレル)を下回った。県は比較的高い数値が出た地域で再調査をするなど対策に役立てていく。
朝日新聞→チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。と、上毛新聞のトーンが違う。県環境保全課は、航空機からの調査は山の斜面が近づく谷間で高い数値が出やすい傾向があるとし、「心配する数値ではない」と話している。これは、環境課の思いつきだ。文科省はそのような説明はしていない。


東京新聞:空間放射線量測定 沼田など高い数値 県「除染の必要なし」:群馬(TOKYO Web)

 文部科学省が二十七日に公表した県内の放射性セシウムの汚染マップでは、沼田市北部と川場村の一部、桐生、みどりの両市の北部などで空間放射線量(地表一メートルの高さ)が一時間当たり〇・五~一・〇マイクロシーベルトと比較的高く出た。これらの地域で県は同日、職員を派遣し緊急に測定し直したが、いずれも同〇・五マイクロシーベルト以下だった。

 同省が校庭の使用基準の空間放射線量を同一マイクロシーベルト未満としていることから、県は表土の除去など除染が必要な基準を同一マイクロシーベルト以上としている。県環境保全課の担当者は「さらに詳細な調査を行うが、現時点で除染の必要な所はない。あとは市町村の判断」と話した。

 このほかに空間放射線量が〇・五~一・〇マイクロシーベルトだった地域は、渋川市と高山村の境目、みなかみ町や中之条町の一部。同課の担当者は「山間部で民家は数軒程度。大きな集落はない」と話している。

 県職員による緊急測定は、これらの地域のうち、人が立ち入れる場所で実施。沼田市北部と川場村で測定した十三カ所は同〇・一八~〇・四六マイクロシーベルト、桐生市とみどり市で測定した十四カ所は同〇・一三~〇・四〇マイクロシーベルトだった。

 汚染マップの基になった調査は、八月二十三日~九月八日に県防災ヘリで実施した。文科省や県のホームページで公開している。 (伊藤弘喜)

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。