: 2011年9月23日

学校給食と放射能について、情報をいただきました。

貴重な情報をいただきました。
ありがとうござすます。

◆ 教育委員会から現在説明されているのは市のHP(http://bit.ly/r4YvUn)にある情報です。またお願いをして産地情報(http://bit.ly/r0FbmH)を公開してもらいました。

◆ 前橋市立朝倉小学校は給食牛乳共拒否可能。家以外の保護者達は放射線防護の意思は無い様です。マスクも弁当も水筒も家だけ。運動会も砂埃の中マスクする子は家の子だけ。学校側の対応は比較的柔軟な感じは有ります。それが保護者との衝突回避目的なのか本音なのかは分かりませんが。

 運動会後の椅子の足をしっかり水拭きするなど注意する姿勢は有る感じでした。学校給食の計測等の内容は、もぉ家に関係無いと思っていたので詳しく覚えていなかったりしていますが、前橋市としては9/1時点で検出限界を確か10Bqにしたと報告を聞いた気がします。

 しかしながら、全ての食材を毎日検査する訳では無く、抜き取りに近い形の様です。前橋市の教育委員会は問い合わせに柔軟に対応出来るように務める姿勢が有るようですが、直接対決の経験は今の所、その必要性が無かったので有りません。

◆ 永井学園ひろせ幼稚園は牛乳、給食の拒否は可能でしたが、放射線防護の必要性が分かっていない先生も複数居るようで、「お宅だけ勝手な事をされては困る!」と難色を示されました。また、屋上からの雨水の排水が直接園庭へ排水される構造の為、雨樋排水部直下は0.7マイクロを超えてます。
 これに関しても一切関心が無いようで、毎年の事だからやらないと子供が可哀想と言う主張のようです。

※情報をお寄せください。
給食からの内部被曝が心配です。
しかし群馬の各地区の保護者の動きが見えません。
どこでどんな行動が行われているか、情報を共有して、
不安を感じながらも踏み出せない方たちに風を送りたいと思います。

1 給食の食材検査
2 食品流通の状況
3 汚染の深刻な学校などの除染

ツイッターやメールで、情報をお寄せください。サイトにアップします。
ローカルのメディアとして、身近な情報を共有したいと思います。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。