: 2011年12月24日

福島の農家、東電提訴へ 原発事故で損害  - 47NEWS(よんななニュース)

福島の農家、東電提訴へ 原発事故で損害  - 47NEWS(よんななニュース)


コメ農家が東電提訴へ

 東京電力福島第一原発事故の影響で収穫したコメが売れなくなったとして、大玉村の鈴木博之さん(61)ら県内のコメ農家数人が東電へ損害賠償を請求する訴訟を起こす意向であることが21日、分かった。代理人によると、来春にも東京地裁に提訴する予定で請求額は数億円に上る見通し。原発事故をめぐり、これまで農家が東電を提訴した例はないとみられる。
 鈴木さんは「除染して新しい土を持ってくればいいというものではない。先祖から受け継いだ肥沃(ひよく)できれいな土を返してほしい」と話している。鈴木さんによると、鈴木さん以外に二本松市、いわき市、喜多方市、会津若松市、白河市、石川町などのコメ農家が原告に加わるのを検討しているという。

(2011/12/22 09:51)


売れないから提訴?
これまで農家が東電を提訴した例はないとみられる

農家が東電を訴えることは正当な権利だ。
しかし、放射能に汚れたたコメを生産したこと、売ろうとしたことは、どのように考えているのか。

汚染米がどのように廃棄処分されるかも明確ではない。
金になるなら作って売る。売れないから東電を提訴する。
闇で売れるなら売るのではないかと不信感が湧いてくる。

そもそも。毒米を誰にも食べさせられない、だからコメが作れない、その損害を補償しろと訴えるべきだった。その過ちを認めて、生産したことについて反省を表してから、どうどうと訴えれば良い。
来年も再来年も同じ状況だ。漁業者は漁をしていない事実を何と思うのだろうか。

特集:ガイガーカウンター (amazon.co.jp)ガイガーカウンタ, 放射線測定器などのグッズを集めました。