2013年3月14日 福島のニュース

原発事故から2年、被災地にあるゴルフ場の現在 週刊GD ニュース

原発事故から2年、被災地にあるゴルフ場の現在 週刊GD ニュース ゴルフダイジェスト・オンライン

 昨年夏、ゴルフ場の利用者が減り平成23年度分の県の税収が落ち込んだことから、福島県が自治体では初めて東京電力に対して賠償請求をすることを明らかにしたが、個々のゴルフ場でも東京電力に損害賠償を求める動きが依然として続いている。

ウォッチ/福島のニュース 記事リスト

2013/03/14 : 原発事故から2年、被災地にあるゴルフ場の現在 週刊GD ニュース
2013/03/01 : 公開質問状を提出しました いわきの初期被曝を追及するママの会
2013/02/14 : 福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定 - 47NEWS(よんななニュース)
2012/12/04 : 「福島のみなさん」取材をはじめるキッカケ
2012/09/20 : 20120920 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
2012/08/24 : 県産米HPで安全確認 玄米全袋1ベクレルで公表 | 県内ニュース | 福島民報
2012/07/05 : 震災ファイル:下仁田のヨーグルトから基準値以下のセシウム /群馬- 毎日jp(毎日新聞)
2012/04/06 : 双葉町長「人間扱いとは、こういうこと」と評価 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2012/04/04 : 福島の子ども 元気に初泳ぎ 海開きに108人招待 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
2012/03/30 : セシウム:100ベクレル超の福島県産米を全量廃棄へ - 毎日jp(毎日新聞)
2012/03/21 : 原発事故直後の拡散予測を消去=メール受信に気づかず―福島県 (時事通信) - Yahoo!ニュース
2012/02/25 : 河北新報 東北のニュース/南相馬市職員 震災後、101人が早期退職
2012/01/31 : ふくしま集団疎開裁判: 【速報】大江健三郎さんと柄谷行人さんが「世界市民法廷」に支持と支援の表明
2012/01/31 : 全農がコメの価格を引下げ - NHK福島県のニュース
2012/01/28 : 河北新報 東北のニュース/「山形の学校に残る」86% 原発避難の小中生を市教委調査
2012/01/28 : 時事ドットコム:福島で規制値超えもち米=昨年11月までに販売
2012/01/27 : 河北新報 東北のニュース/汚染焼却灰「記念品だ」 福島・塙町長が東電に手渡す
2012/01/25 : 「農家できなくなる」 食品のセシウム新基準に怒り/福島民報
2012/01/16 : 河北新報 東北のニュース/警戒区域の野生化牛 筋肉被ばく、血液の20~30倍
2012/01/07 : 今年のコメ作付け制限地域、2月中に決定見通し(福島民友ニュース)
2011/12/26 : 根張り浅くカリウム不足 コメ基準値超え水田(福島民友ニュース)
2011/12/24 : 福島の農家、東電提訴へ 原発事故で損害  - 47NEWS(よんななニュース)
2011/12/17 : 東京新聞:「政府の言葉信用できない」 収束宣言に避難町民:埼玉(TOKYO Web)
2011/12/17 : 「なぜ収束」課題山積 除染手つかず 住民ため息/福島民報
2011/12/06 : 水田にはゼオライト散布へ 伊達で農地除染推進(福島民友ニュース)
2011/12/03 : 東日本大震災:借り上げ住宅 福島県が新規募集の停止要請 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/12/02 : 第1原発事故:福島の狩猟登録激減 避難増え、汚染懸念 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/11/18 : 福島の出産25%減 原発影響か NHKニュース
2011/11/08 : 原発避難家族の交流会 福島からの20世帯が松本で語り合い
2011/11/01 : 河北新報 内外のニュース/スイス、「フクシマの教訓」公表 危機管理、企業体質を批判
2011/11/01 : 完全賠償求めデモ行進 福島で1万人が脱原発訴え(福島民友ニュース)
2011/11/01 : 福島第1原発:作業員の休憩所は管理区域外…危険手当なく - 毎日jp(毎日新聞)
2011/11/01 : 中日春秋:コラム/特産のあんぽ柿/県は伊達市などに生産自粛を要請
2011/10/24 : 情報公開の徹底が必要 米国人元技師訴え(福島民友ニュース)
2011/10/22 : 「もしかして」が一生ぬぐえない福島の親たちに、「騒ぎすぎ」と非難の声 | ニコニコニュース
2011/10/22 : 河北新報 東北のニュース/福島から山形への避難者 迫る期限、自立に迷い
2011/10/09 : 「放射線なくしてほしい」 飯舘の子ドラえもんに願い - 47NEWS(よんななニュース)
2011/09/28 : 20110928 [1/2]たね蒔き「驚くべき東電の賠償姿勢~福島の農家の思い」
2011/09/28 : 除染土は最大2879万立方メートル 環境省試算、面積は福島県の17%|山形新聞
2011/09/21 : 誰のための放射線国際会議なのか
2011/09/08 : 東京新聞:原発事故で集団避難 鴨川青年の家 代替施設確保めど立たず
2011/09/05 : 河北新報 東北のニュース/古里福島 無念の決別 生活考え山形移住を決断
2011/09/01 : 河北新報 東北のニュース/福島推計人口 33年ぶり200万人割れ 原発事故で流出
2011/09/01 : 河北新報 内外のニュース/警戒区域の小中学校が再開 福島市でも2学期スタート
2011/08/31 : 原発爆発動画の無断使用に福島中央テレビが抗議/ドイツZDF-Frontal21 は透かし技で一本勝ち
2011/08/31 : 河北新報 東北のニュース/原発警戒区域内の牛1000頭以上 農家の管理離れ野生化
2011/08/30 : 土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超
2011/08/29 : 大熊町長が「中間貯蔵施設」町内設置拒否(福島民友ニュース)
2011/08/28 : 今日の福島index
2011/08/27 : 【放射能漏れ】高線量地域、帰宅までに20年以上の可能性 政府試算 - MSN産経ニュース
2011/08/27 : 福島第1原発:「DASH村」でヒマワリ土壌浄化実験 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/08/27 : 福島に汚染物質一時貯蔵施設を…知事に首相要請 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/27 : 河北新報 東北のニュース/5ヵ月半ぶり一時帰宅 福島原発3キロ圏の145人
2011/08/25 : asahi.com(朝日新聞社):放射線量、除染なしで2年後に4割減 対策本部が試算 - 東日本大震災
2011/08/25 : 福島市の住宅地で空間放射線量の調査開始 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/25 : 放射線量2年で半減、居住地域除染で基本方針 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/25 : 「政府除染推進チーム」発足 全避難区域で実施(福島民友ニュース)
2011/08/25 : 東京新聞:福島第一放出セシウム137 広島原爆168個分:社会(TOKYO Web)
2011/08/25 : 県民健康調査、26日から問診票を送付福島民報:福島県の新聞社:ニュース|福島のニュース
2011/08/24 : 河北新報 東北のニュース/福島県内の避難所 10月閉鎖の工程厳しく
2011/08/24 : 河北新報 東北のニュース/避難者への情報満載 山形の支援団体がフリーペーパー創刊
2011/08/24 : 富岡町が警戒区域内初の町内除染実験へ(福島民友ニュース)
2011/08/23 : asahi.com(朝日新聞社):原発周辺地域の居住禁止、最低10年 菅政権が調整 - 東日本大震災
2011/08/23 : 政府、原発周辺の土地借り上げ…避難生活支援 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/23 : 河北新報 東北のニュース/福島県議選 年内実施へ準備本格化
2011/08/23 : 広野町が独自に除染 自治体、政府対応遅さにしびれ(福島民友ニュース)
2011/08/22 : 原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/22 : 警戒区域の高線量地域、土地買い取りも(福島民友ニュース)
2011/08/22 : 「順序が逆」政府方針に憤る原発周辺の首長(福島民友ニュース)
2011/08/22 : 河北新報 東北のニュース/水田のセシウム、飯舘で除去実験 福島・農工研開始
2011/08/22 : 河北新報 東北のニュース/福島に除染推進チーム 原発相、来週にも伊達で始動
2011/08/20 : asahi.com(朝日新聞社):福島から牛購入の農家2戸、堆肥からセシウム 島根 - 東日本大震災
2011/08/20 : asahi.com(朝日新聞社):除染・安全検査など一括、放射性物質汚染対策室設置へ - 東日本大震災
2011/08/19 : 福島第1原発:汚染水海洋放出…海外通報、思い至らず - 毎日jp(毎日新聞)
2011/08/19 : 福島第1原発:事故直後、東京在住の米国人避難検討 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/08/19 : 河北新報 東北のニュース/福島の線量横ばい 福島大が市内計測 2年後も現在の6割
2011/08/19 : 河北新報 東北のニュース/内部被ばく検査殺到 南相馬市、受け付け中止
2011/08/18 : asahi.com(朝日新聞社):放射線測定・被曝管理の人材4千人育成 工程表改訂版 - 東日本大震災
2011/08/18 : asahi.com(朝日新聞社):原発の敷地境界、放射性物質は減少 政府と東電が発表 - 東日本大震災
2011/08/18 : 放射線量減、目標値に…工程表4か月 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/18 : 放射線除染へ専門講習…福島県で9月にも : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/18 : 不吉な放射能拡散予測―住民避難に生かせなかった日本政府 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com
2011/08/17 : 原発100キロで18万ベクレル 高濃度のセシウム検出 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/08/17 : 福島産の放射性物質の検査結果、確認サイト開設 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/17 : asahi.com(朝日新聞社):「放射能汚染海域、日本の発表超える」 中国側が見解 - 東日本大震災
2011/08/16 : 河北新報 コルネット 社説 東日本大震災 原子力学会/責任回避より英知の結集を
2011/08/16 : 福島第1原発:県内の沿岸漁業、月内にも試験再開 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/08/14 : 自主避難411世帯、総額12億円の損害賠償を請求―踏み倒す構えの東電 : 田中龍作ジャーナル
2011/08/12 : 河北新報 東北のニュース/相馬・松川浦再生諦めない ノリ養殖、来月種付け
2011/08/11 : 子どもの被ばく検査結果 削除 NHKニュース
2011/08/10 : asahi.com(朝日新聞社):1号機の建屋カバー、組み立て開始 福島第一原発 - 東日本大震災
2011/08/10 : 「除染」示されず、避難準備区域の首長から不満 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/10 : 被災地の薪、一転燃やすことに…京都・送り火 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/10 : ウクライナ駐日大使、線量計など2000個寄贈 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/08/07 : 高被ばく線量エリア、2年で半減 政府の除染基本方針 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/08/07 : 東京新聞:丸木夫妻の思い、今に 東松山 「原爆の図」の美術館:埼玉(TOKYO Web)
2011/08/06 : 「本払いもっと早く」 県民、補償範囲に困惑も(福島民友ニュース)
2011/08/06 : 長崎大とIAEAが教育や研究分野で実務合意 9日調印、被ばく医療など連携(8月6日)
2011/08/03 : 信濃毎日新聞[信毎web] 放射線、子どもにどう影響 NPOが公開講座 専門家3人が説明
2011/07/30 : 放射性の汚泥を地元に埋設 県が方針、市町村内の処分場を想定/福島民報
2011/07/30 : 4号機プール補強完了 循環冷却31日にも試運転 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/29 : 郷原委員長「組織風土に踏み込む」 / 西日本新聞
2011/07/29 : 原発計画進む青森・東通 大津波、1000年間に5回 北大教授痕跡発見-北海道新聞
2011/07/29 : 核の恐怖、豪の闘い 6日、下京で映画上映会 : 京都新聞
2011/07/29 : 三木町が被災6家族受け入れ ホームステイ事業 - 山陽新聞地域ニュース
2011/07/29 : 沖縄タイムス | 原発自主避難でも賠償の可能性
2011/07/28 : ザ・特集:「原発難民」となって--元宇宙飛行士・秋山豊寛さん - 毎日jp(毎日新聞)
2011/07/24 : 被曝量、生涯で100ミリ・シーベルト未満に : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/07/24 : 福島第1原発:内部被ばく検査 先行の122人異常なし - 毎日jp(毎日新聞)
2011/07/24 : 田村で農産物の線量測定開始 自家栽培も対象(福島民友・地震関連ニュース)
2011/07/24 : 河北新報 東北のニュース/いわきの露天商15人、東電に9200万円請求
2011/07/24 : 焼却灰搬出時、放射線量測定求める 大館市と小坂町、自治体に通達|さきがけonTheWeb
2011/07/24 : 細野氏、表土処分先を早急に検討 宮城で除染視察 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/24 : 原発20キロ圏のがれき、低線量なら処理可 環境次官(福島民友ニュース)
2011/07/22 : 河北新報 東北のニュース/生産者に中傷追い打ち 福島・浅川産汚染牛出荷の男性
2011/07/22 : 高濃度セシウム検出 越谷の堆肥化施設/埼玉新聞
2011/07/22 : 野球場からセシウム検出/むつ/Web東奥・ニュース20110719233840
2011/07/20 : 河北新報 東北のニュース/放射線医療の専門家2人、副学長に 福島県立医大
2011/07/20 : メルトスルーと工程表のまぼろし
2011/07/20 : 漁業者ら放射能の影響学ぶ/八戸/Web東奥・ニュース20110717141554
2011/07/20 : 河北新報 東北のニュース/伊達・本宮産のハウスシイタケ 基準超すセシウム検出
2011/07/20 : 伊達、本宮の原木シイタケから基準値超セシウム(福島民友ニュース)
2011/07/20 : 中日新聞:風評懸念し市長に原発再起動を要望 敦賀・西浦地区:福井(CHUNICHI Web)
2011/07/20 : 東京新聞:我孫子市で発生 セシウム 保管基準3倍超検出:千葉(TOKYO Web)
2011/07/16 : 【福島原発事故】 東電最高幹部、山下教授ら張本人32名を刑事告発 ~上~ | 自由報道協会
2011/07/16 : 【福島発】市民放射能測定所 17日に正式オープン | ザ・ニュース- 自由報道協会
2011/07/16 : asahi.com(朝日新聞社):避難準備区域縮小「8月にも開始」 政府が自治体に打診 - 東日本大震災
2011/07/16 : 福島第1原発:東電が仮払い拒否 幼稚園など「対象外」 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/07/16 : はだかの王様
2011/07/16 : 河北新報 東北のニュース/「悔しい」苦しむ農家 浅川・白河
2011/07/16 : シャープ会長「海外移転進む」 「脱原発」批判 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/16 : 首相「脱原発は私の考え方」 発言迷走
2011/07/15 : 金口木舌(2011年7月12日) - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
2011/07/15 : 脱原発、蓄電技術がカギ 駐日ドイツ大使 フォルカー・シュタンツェル氏:静岡(CHUNICHI Web)
2011/07/15 : 河北新報 東北のニュース/築40年でも人気物件? 原発避難者殺到、住宅不足 米沢
2011/07/13 : 柏でセシウム7万ベクレル検出 清掃工場の焼却灰
2011/07/11 : 福島の中学生を奄美で癒やそう 夏休みに招待へ : 南日本新聞エリアニュース
2011/07/11 : 「原子力行政変わらず」 青森の第三者委で批判 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/11 : 「悪いのは東電」、謝罪する必要などまったくない!
2011/07/10 : 本県全域 ヘリから放射線量調査 |下野新聞「SOON」
2011/07/09 : 冷温停止へ新工程表 ステップ1「17日達成」(福島民友ニュース)
2011/07/09 : 東京新聞:「放射線の健康影響」学ぶ 自治体職員ら対象に講演会:茨城(TOKYO Web)
2011/07/09 : 原発事故影響で本県への避難者急増 借り上げ住宅申込数1500件超す|山形新聞
2011/07/09 : 原発稼働率6月は36・8% 震災後、落ち込み続く - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/09 : 河北新報 東北のニュース/放射線量どう判断? 地元首長ら「安全性の証明」要望
2011/07/09 : 福島県立医科大:副学長に山下氏 長崎大から就任へ - 毎日jp(毎日新聞)
2011/07/08 : 九電メール、作成は上司の指示 転送、2300人に - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/08 : 再生可能エネルギー投資32%増 過去最高、日本は低迷 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/07 : 【Q&A/ストレステスト】厳しい条件で安全性評価 EUを参考に具体案
2011/07/07 : 神戸新聞|社説|原発安全検査/廃炉も辞さぬ姿勢で臨め
2011/07/07 : 原発再開「白紙」に 玄海町長が同意撤回 / 西日本新聞
2011/07/07 : 佐賀県知事が玄海原発再開見送り 町長、同意撤回も - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
2011/07/05 : asahi.com(朝日新聞社):原子力学会、国と東電に改善を要求 情報開示遅れ指摘 - 東日本大震災
2011/07/04 : 福島の「放射能汚染」を調べ続ける 科学者・木村真三氏が本誌に登場
2011/07/04 : 「緊急時避難準備区域」解除、近く市町村と協議へ(福島民友ニュース)
2011/07/04 : 河北新報 東北のニュース/「介護難民」発生の恐れ 福島原発警戒区域の9市町村
2011/07/03 : 【本紙独自調査第2弾】首都圏58カ所 人気海水浴場の放射線量測ってみた/ゲンダイネット
2011/07/03 : 東京新聞:電力8月余力1.1% 月内は供給上積み 東電見通し:経済(TOKYO Web)
2011/07/02 : 福島第1原発事故 全日本仏教会、首相へ子供守る要望 /京都 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/07/02 : 原発30キロ圏内のみ補償金 同じ南相馬市民でも「金銭的に差別」と市長が憤り
2011/07/02 : 【放射能漏れ】川崎港で輸出用中古車から放射線 業者「福島で登録」 - MSN産経ニュース
2011/07/02 : 台湾向けリンゴ輸出ゼロに 円高に原発風評が追い打ち - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/02 : 原発避難区域で自殺か 福島・川俣町の58歳女性 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/02 : 原発なくても電力足ります 環境保護団体が試算 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/02 : モンゴルに国際的核処分場建設を 東芝が米高官に書簡 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/07/01 : スーパー、郵便局営業休止 残る飯舘村民の生活厳しく /福島民報
2011/07/01 : 汚染水のメガフロート移送開始 漏水・津波…多難な“船出 - MSN産経ニュース
2011/06/30 : 原発再稼働「容認」への動き 立地町と周辺市に温度差/佐賀のニュース
2011/06/30 : 【詳報】海江田経産相、佐賀県自治体首長との会談内容/佐賀のニュース
2011/06/29 : いろいろ・どうでもいいのもある・ニュース
2011/06/29 : 原発「見直し」に言及 市議会で長崎市長 / 西日本新聞
2011/06/29 : 全原発廃炉は明言せず 知事再び「原発依存脱却」(福島民友ニュース)
2011/06/28 : 原発収益は賠償額下回る可能性 立命大教授、単価も割高 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/06/27 : 放射線検出車、舞鶴に帰港 貨物船、2台積載 : 京都新聞
2011/06/27 : 自営業男性、福島原発の運転差し止め求めて提訴 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/25 : 東京新聞:燃料損傷程度 東電、震災3日後に報告 国、3週間公表せず
2011/06/24 : 除染、被災者自ら簡単に 京都精華大教授ら作業モデル提供 : 京都新聞
2011/06/23 : 【津山恵子のアメリカ最新事情】実は綱渡りだった米国の原発運営 - WSJ日本版
2011/06/23 : 【放射能漏れ】放射線測定、土入れ替え… 頭悩ます福島大会 - MSN産経ニュース
2011/06/23 : 医療者へ、飯舘村民からのメッセージ - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン
2011/06/23 : 写真速報:松本哉さんゲストに「スペースたんぽぽ」オープンイベント
2011/06/23 : 信濃毎日新聞[信毎web] 原発や自然エネ 県内48議会審議 意見書や請願・陳情で
2011/06/23 : 福島第1原発:東電社員の父持つ小6の手紙 全国から反響 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/06/23 : 福島原発設置無効で初弁論/1号機設置許可の無効求めた訴訟
2011/06/22 : 山下俊一放射線アドバイザーにNO〜解任を求め署名開始 | OurPlanet-TV
2011/06/22 : asahi.com:新しい「ふるさと」で新しい一歩を-マイタウン大阪
2011/06/22 : 日テレ系 DASH村も被災地 : テレビ&ラジオニュース : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/22 : 福島原発事故受け原子力空母GWの安全性再検証、市民グループ冊子作成/横須賀
2011/06/22 : 神戸新聞|社会|琵琶湖の代替水源検討へ 放射能対策で広域連合
2011/06/21 : 仏で規制値超えた静岡茶、御前崎の業者輸出 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/20 : 中日新聞:「廃炉推進」82% 「不安感じる」倍増 原発世論調査:社会(CHUNICHI Web)
2011/06/20 : 「福島だけの問題ではない」、原発事故被災者らが報告会/小田原: 神奈川新聞社
2011/06/20 : asahi.com(朝日新聞社):原発の早期再稼働要請、首相が経産相判断を支持 - 東日本大震災
2011/06/19 : 古川知事「国の意思明確になった」 原発再稼働要請/佐賀のニュース
2011/06/19 : 緑茶、仏で規制超すセシウム 県、流通経路を調査 | 静岡新聞SBS
2011/06/19 : 市民団体など、脱原発を目指し道内9市町で署名活動-北海道新聞[道内]
2011/06/18 : 福島市から1150人市外へ避難 放射性物質の影響か/福島民報
2011/06/17 : asahi.com(朝日新聞社):福島市で放射線量の一斉測定開始 2日間計1045カ所
2011/06/17 : 日米仏…寄せ集めの汚染水処理装置、また漏水 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/17 : 10世帯21人が熊本県内に永住決意 県調査-熊本のニュース│ くまにちコム
2011/06/17 : 住居単位で避難支援 伊達、南相馬のホットスポット(福島民友ニュース)
2011/06/17 : 6月17日付・沖縄と原発 | 香川のニュース | 四国新聞社
2011/06/17 : 中日新聞:故郷の仲間を野菜で支援 福島から伊賀に避難した村上夫妻:三重(CHUNICHI Web)
2011/06/17 : 被ばく不安 福島から避難  第1陣親子10組 笑顔で札幌入り-北海道新聞[道内]
2011/06/16 : asahi.com(朝日新聞社):全部汚染されちまった…歌う原発作業員、思いを弾き語り
2011/06/16 : 原発だけを「現実的」とみなす目に・・・/中日新聞:中日春秋:コラム(CHUNICHI Web)
2011/06/15 : 奈良新聞WEB | 社会 | 奈良市長「脱原発なら協力」 - 関電15%節電要請
2011/06/14 : asahi.com(朝日新聞社):浜岡原発「廃止」賛成50%反対31% 静岡県民調査 - 東日本大震災
2011/06/14 : asahi.com(朝日新聞社):将来的に「脱原発」賛成74% 朝日新聞世論調査 - 東日本大震災
2011/06/14 : 拡散予測、枝野氏「公表漏れ重なり申し訳ない」 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/14 : 龍~なが 長崎新聞ホームページ:【コラム 水や空】ドイツの対応 (6月14日)
2011/06/14 : 伊首相、原発断念あらためて表明 「判断受け入れる」 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/06/14 : 相馬の酪農家自殺、「原発なければ」と書き残し : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/14 : asahi.com(朝日新聞社):原発凍結賛成は94% イタリア国民投票、開票ほぼ終了
2011/06/10 : 3断層で地震確率高まる=福島「双葉」、東京「立川」など―政府調査委 | ニコニコニュース
2011/06/10 : 西側諸国「天野外し」、対応ぶりに不満…米紙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/10 : 6月10日付・原発事故と離婚契約 | 香川のニュース | 四国新聞社
2011/06/10 : 3.11後の若者の行動から社会・文化を考える【前半】 | をちこちMagazine
2011/06/09 : 福島第1原発:私立7幼稚園が危機 園児疎開、助成もなく - 毎日jp(毎日新聞)
2011/06/09 : 避難区域外の高放射線地域、早急に結論 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/06/09 : 東京新聞:福島2号機 来週にも水蒸気放出:福島原発事故(TOKYO Web)
2011/06/08 : 原発事故報告書 この内容では納得できない 論説 福井のニュース :福井新聞
2011/06/07 : 愛媛新聞社ONLINE 新成長戦略の素案 なぜ原発推進が前提なのか
2011/06/06 : 仏で脱原発派が77% 原発大国で異例の結果 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/06/06 : 独、22年までの脱原発決定 G8初、欧州で影響も - 47NEWS(よんななニュース)
2011/06/02 : 東京新聞:放射線確かな知識を 第五福竜丸展示館が解説講座:東京(TOKYO Web)
2011/06/02 : 「不安院」なら不要 - くろしお - miyanichi e press
2011/06/02 : IAEA報告案 組織の「限界」が露呈した/新潟日報2011年6月2日
2011/06/02 : asahi.com(朝日新聞社):イタリア原発凍結法の国民投票実施へ 最高裁が判断下す
2011/06/01 : 東京新聞:「津波が直接の原因」 IAEA報告書骨子提出:福島原発事故(TOKYO Web)
2011/06/01 : 台湾の「日の丸原発」1年遅れへ 福島の事故も影響 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/06/01 : 企画展「チェルノブイリから見えるもの」を25日まで延長 東松山・丸木美術館/埼玉新聞
2011/06/01 : 「原発依存は日本の現実」と米紙 補助金頼りの構造指摘 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/05/29 : 東京新聞:ドイツ 脱原発16万人デモ:国際(TOKYO Web)
2011/05/29 : 上関原発中止の意見書案可決 - 中国新聞
2011/05/28 : 川崎の研究用原子炉、大丈夫? 市民、隠せぬ不安 /神奈川 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/05/28 : 放射能から子ども守ろう 「京都・ママ・パパの会」初会合 /京都 - 毎日jp(毎日新聞)
2011/05/27 : 福島第二原発1号機の建屋で火災、3分で消火 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/05/27 : 海水注入独断継続の吉田所長はこんな人 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/05/27 : asahi.com(朝日新聞社):玄海原発、想定以上の劣化か 専門家指摘「廃炉に」
2011/05/26 : 連合、原発の新増設推進を凍結 従来方針を見直し - 47NEWS(よんななニュース)
2011/05/26 : メガソーラー誘致表明 嘉田県知事、琵琶湖上には慎重 : 京都新聞
2011/05/26 : メガソーラー誘致表明 嘉田県知事、琵琶湖上には慎重 : 京都新聞
2011/05/26 : 自然エネルギー推進を ソフトバンクと県連携へ-熊本のニュース│ くまにちコム
2011/05/26 : 中日新聞:新エネ・省エネ目指すチーム始動 県と名古屋市:愛知(CHUNICHI Web)
2011/05/26 : 立地条件の違い反映した対策を 美浜町長インタビュー :福井新聞
2011/05/26 : 長崎被災協が脱原発、運動方針に 結成以来、初めて - 47NEWS(よんななニュース)
2011/05/26 : IAEAが東海第2原発を視察 調査団メンバーら20人 - 47NEWS(よんななニュース)
2011/05/26 : 津波監視カメラ、浜岡原発近くの砂丘に設置へ : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/05/26 : 工程表達成の確率は60~70%…NRC委員 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2011/05/26 : 原発反対、日独中韓で増 日本は初めて多数に 世論調査
2011/05/26 : 「2034年までに原発全廃」 スイスが国家目標
2011/05/26 : 反原発、夫妻の思い継ぐ 東松山・丸木美術館
2011/05/25 : 3号機、地震で配管破損か 東電解析結果で判明
2011/05/25 : もんじゅ所長「安全を最優先に」 交換用機器引き抜き工事開始
2011/05/24 : 佐賀県議会 耐震性に疑念 玄海原発運転再開
2011/05/23 : 参議院 行政監視委員会
2011/05/23 : メルトダウンした日本の政治
2011/05/23 : EU、神奈川産も輸入規制へ 茶葉の基準値超えで
2011/05/23 : 原発推進政策に批判相次ぐ 参院委で小出京大助教ら
2011/05/23 : 「地震損傷なし」 手動停止、結論持ち越し
2011/05/23 : 1号機炉心、3時間半で大半溶融…米専門家
2011/05/23 : ソフトバンク、大規模な太陽光発電施設の建設検討
2011/05/21 : プルトニウムに懸念 北電MOX申請 強毒性、扱い難しく
2011/05/21 : 第1原発7、8号機増設中止 1~4号機は廃炉
2011/05/21 : 福島第一の増設中止 地元「できれば5、6号機も廃炉
2011/05/21 : 微量の放射性ガス漏れ 福井・敦賀原発2号機
2011/05/21 : 福島第1原発:国連が原発の安全性協議へ 「再考の時期」
2011/05/20 : 仙台港「抜港」相次ぐ 外国船が原発忌避
2011/05/20 : 放射線医療を拠点化 福島医大に県
2011/05/20 : 「脱原発で太陽光の時代へ」黒岩知事が所信表明
2011/05/20 : 脱原発」訴え行進-マイタウン鹿児島
2011/05/19 : 保安院「原発運転支障なし」 知事、松江市長反論
2011/05/19 : 浜岡原発5号機、原子炉内に海水5トン 配管の破損で
2011/05/19 : 都内の男性、原発事故で10万円慰謝料請求
2011/05/18 : 福島第1原発事故 知事、東電社長の姿勢批判 /滋賀
2011/05/18 : ドイツ:原発4基廃炉か 環境相「小型機墜落の対策不備」
2011/05/18 : 青森知事選、脱原発で自民が苦慮
2011/05/18 : タンクもへこむ…原発に津波の爪痕
2011/05/18 : 原発で内部被曝検査、作業員の1割…不安広がる
2011/05/18 : 帰宅時期、明記せず…原発被災者支援の工程表
2011/05/18 : クラシック音楽界、来日中止など被害12億円超
2011/05/18 : 女川 紙一重の無事(毎日新聞社)
2011/05/17 : 炉心の状況の解析をしていなかった
2011/05/17 : 福島を自然エネルギー拠点に=菅首相
2011/05/17 : 企業の輸出、5割超に規制…原発事故が波及 大商調査
2011/05/17 : 原子力勉強会開き政府の対応を批判/自民県連
2011/05/17 : 中日新聞:メルトダウン 事態の把握が甘すぎる
2011/05/17 : 九電、原発冊子を撤収 避難指示過小評価
2011/05/17 : 「原発から身を守るために」 「福島第1」元技術者語る集い
2011/05/15 : 原発は時代遅れの「戦艦大和」 エネルギー政策研究所
2011/05/14 :
2011/05/14 : 「除染」不完全でも作業 安全基準なし崩し
2011/05/14 : 福島第1原発 過酷作業 防護服にマスク「サウナ状態」
2011/05/14 : 異例の原発「調整運転」2カ月超 泊3号機と大飯1号機
2011/05/14 : 原発事故の影響で美術展延期 作品が保険の対象外に
2011/05/13 : 20キロ圏内の従事者を診断 16日に福島医大など試行
2011/05/12 : 東電賠償で料金値上げせず…枝野氏見通し
2011/05/12 : EU域内の原子炉、安全総点検本格化
2011/05/12 : 東電の尾瀬売却が浮上、群馬知事「絶対に阻止」
2011/05/12 : 原子力発電所を観光名所に フィリピン
2011/05/11 : 【原発】原発推進エネルギー計画を白紙に 菅総理
2011/05/11 : 国民新党・亀井代表「防護服姿の岡田幹事長にあぜんとした」
2011/05/10 : 福島・一時帰宅 喜びに水差す説明会 「自己責任」署名に村民反発
2011/05/10 : 柳田邦男さん 政府対応の遅れ批判
2011/05/10 : チェルノブイリ事故で強制退去区に・・・人が住み続けている
2011/05/10 : 人格を疑う」 飯舘村の農家、東電顧問の発言に激怒 |
2011/05/10 : 福島にヒマワリを 種まき市民ボランティア 
2011/05/09 : 非常電源、防潮堤…浜岡以外も安全策に難題
2011/05/09 : 浜岡原発停止 中電は要請に応じよ
2011/05/09 : 防災計画、50キロ圏避難なら全国1200万人
2011/05/08 : ASEAN、原子力で透明性確保 首脳会議が議長声明
2011/05/08 : 広島の医師が独自に福島調査
2011/05/08 : 「帰ってとは言えない」 町村が受け入れを延長
2011/05/08 : デーリー東北:きょうの天鐘
2011/05/07 : 30キロ圏内に被爆者8人 - 中国新聞
2011/05/07 : 目立つ津波跡見物 “観光地化”に地元苦虫
2011/05/05 : 富士山の高さが変わる?「日本水準原点」震災で沈下か
2011/05/02 : 「原発廃止を定款に」 株主らが請求書
2011/05/02 : 原発反対、原子力委に意見急増 事故後に6500件
2011/05/02 : 「脱原発」催し大盛況…大型連休中の各地
2011/05/01 : 玄葉戦略相が身内の民主議員と参院予算委で口論
2011/04/29 : 予測公表自粛に反発
2011/04/29 : 太陽光導入で年利1.0% 城南信金が「脱原発」優遇
2011/04/26 : 宮城知事、女川原発再開認めず 
2011/04/26 : 原発作業員に緊急健診 厚労省が指示
2011/04/26 : 苦渋の90人放置 南西4キロの双葉病院
2011/04/26 : 追加非常電源 炉冷却には電力不足
2011/04/25 : 警戒区域で殺処分せず
2011/04/25 : 福島で復興に誓い TOKIOメンバーの城島さん
2011/04/23 : 「脱原発」自然エネルギー財団を設立へ
2011/04/23 : 「日本は一部除き安全」=菅首相
2011/04/23 : 透明性ある原発事故情報を 米紙編集局長
2011/04/22 : 自衛隊員10万人、史上最大の作戦(その1)
2011/04/22 : 不信洗った、ヘリ放水
2011/04/22 : 我慢のしすぎは復興の妨げ」訴える
2011/04/21 : 食糧よりも花が必要な場合も
2011/04/20 : 「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」
2011/04/20 : 「フクシマ 人類の記憶に」…チェルノブイリ事故25年
2011/04/19 : 今後50年間に40万人のガン患者
2011/04/19 : 閉鎖原発への巨額拠出協議 チェルノブイリ支援国会合
2011/04/19 : 15cm下の土壌を採取し測定!
2011/04/18 : ドイツ、原発早期全廃へ 福島事故で首相方針
2011/04/17 : 電源を誤って遮断、共用プール冷却一時中断
2011/04/15 : 原発事故賠償の大半、国負担求める 
2011/04/10 : 使用済み燃料、共用プールにあと6400本
2011/04/09 : フランスから日本へ

2013年3月01日 福島のニュース

公開質問状を提出しました いわきの初期被曝を追及するママの会

公開質問状を提出しました いわきの初期被曝を追及するママの会

2月27日、いわき市役所において、いわき市長宛の公開質問状を提出致しました。

・・・

いわき市長宛てに公開質問状を提出します いわきの初期被曝を追及するママの会

2013年2月27日
いわき市長 渡辺 敬夫 様
いわきの初期被曝を追及するママの会 

いわき市長への公開質問状(依頼)

原発事故による被曝の影響について、私たちは不安な思いを抱えながら子育てをしています。子どもは未来の宝であり、復興とは、まず子どもの健康を最優先に確保することだと考えます。いわき市は子どもの命を守る市であるということを宣言してこそ、本当の意味での復興の道が開かれるのではないでしょうか。
しかし現状はと言えば、復興のため、風評被害払拭のために、いわき市は安心安全であるとアピールすることによって、子どもたちの健康問題や対策が後回しになってしまっており、私たちはいわき市に住みながら、安心して子育てをすることが困難になっています。
先日、2013年1月12日に放送された『NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 空白の初期被ばく』では、いわき市の初期被曝について取り上げられていました。真っ先に安全宣言が出され、安心安全と言われてきたいわき市が、空白と呼ばれる事故直後、実は放射性ヨウ素131の影響を受けていたということを、どれだけの市民が知っているでしょうか。少なくとも、私たちの周りでは、まだまだその事実を知らないという声が多数であることを確認しています。
 あの番組を観ての私たちの周りの反応はかなりのもので、初期被曝の事実を知りながら、線量が低いという理由で後回しにされ、未だ行われていない小中学生の甲状腺検査についてや、十分に対策が取られているとは決して言えない子どもの環境について、市長に質問したいことがたくさんあります。
初期被曝のことを考えれば、これ以上の被曝の上乗せをさせないように子どもを守りたいという保護者の声は最優先に取り入れられるべきで、全ての大人たちが子どもの未来を守るための策を講じ、行政と市民とが一体となって未来を作っていけるようないわき市になることを強く願います。


【質問事項】
1  原発事故後、いわき市においては、安定ヨウ素剤を備蓄していながら、なぜいわき市独自の判断で配ることをしなかったのでしょうか。『東日本大震災から1年 いわき市の記録』によれば、『震災直後の3月13日、市独自の判断に基づき早朝に久之浜・大久地区の住民に自主避難を要請し、移動手段として大型バスを確保しました。また、15日には小川町上小川戸渡地区及び川前町下桶売地区の住民に自主避難を要請するなど、市民の安全・安心の確保を第一とした早めの対策を講じました』と書かれています。
 国の指示を仰がずとも、市独自の判断により、それらが行われたというのに、なぜ安定ヨウ素剤の配布を市独自の判断で行うことができなかったのでしょうか。それによって大勢の市民が被曝をすることになりました。このことについての市長の説明を求めます。
2  先日放送された『NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 空白の初期被ばく』の中で、いわき市においての放射性ヨウ素131による初期被曝について取り上げられていました。2011年3月末に行われた小児甲状腺サーベイでは、いわきの4歳児の被曝が最高値であったという結果も出ていたにも関わらず、早くから安全宣言を出し、初期被曝の事実を広く知らせることや、更なる被曝をしないための防護を呼びかけることをして来なかったことについて、理由の説明を求めます。
また、いまだ整っていない医療体制について、初期被曝のことを考えれば尚更、早急に無料で受けることができる最新の被曝医療の体制を整えることが必要だと考えますが、それについて、市長の考えをお聞かせ下さい。
3  子どもは放射性物質に対する感受性が大人に比べ高いということについて、被曝による影響を心配している保護者がたくさんいます。しかしながら、子どもの未来を守るための対策は保護者の判断に委ねられ、それによって『気にしている家庭の子ども』という特別な立場に立たされ、辛い思いをしている子どもが居ることは、子どもの人権侵害とも言えると思います。初期被曝の事実を認め、行政がきちんとしたガイドラインを設け、子どもの未来を守るため、いわき市独自の対策を打ち出すことが必要だと考えますが、それについての市長の考えをお聞かせ下さい。
4  いわき市においては、土壌の調査は進んでおらず、具体的にどこが危険なのか、どんな核種が存在しているのか分からず、子どもの行動について安全を確保できていない状態のままです。早急に定期的な土壌のメッシュ調査を行って頂き、結果を広報によって周知させることや、子どもの行動範囲を最優先に、継続的な除染を早急に進め、これ以上の被曝の上乗せがないように尽くすことが必要だと思いますが、それについての市長の考えをお聞かせ下さい。
5  子どもたちの被曝による影響を最小限に食い止めるため、細胞の修復のための定期的な保養の必要性があると考えます。議会において教育部長から、今現在は保養の必要性はないと考えるという発言がありましたが、初期被曝のことを考えれば、楽観視はできないのではないでしょうか。子どもの未来を守るため、学校、学級単位等でのサテライト保養の体制づくりが必要だと考えますが、それについての市長の考えをお聞かせ下さい。

 以上、5つの質問についての市長の回答を求めます。
 年度末でご多忙中とは存じますが、3月18日までにご回答頂けますようお願い申し上げます。
回答については、再度場を設けて頂く形で伺わせて頂きたいと思います。ご回答頂いた内容についてはとりまとめ、記者会見やブログなどで速やかに市民に公表する予定です。 

問合せ先:
いわきの初期被曝を追及するママの会 

ブログ:http://iwakinomama.jugem.jp/
『いわきの初期被曝を追及するママの会』


2013年2月14日 福島のニュース

福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定 - 47NEWS(よんななニュース)

福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定 - 47NEWS(よんななニュース)

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査の検討委員会が13日、福島市内で開かれ、18歳以下(震災当時)の2人が新たに甲状腺がんと確定したと報告された。昨年9月に判明の1人と合わせ、3人となった。

 福島県立医大の鈴木真一教授は「甲状腺がんは最短で4~5年で発見というのがチェルノブイリの知見。今の調査はもともとあった甲状腺がんを把握している」と述べ、福島第1原発事故による放射線の影響を否定。一方で「断定はできない。これからきっちり検討していく」とした。鈴木教授によると、3人とも手術を受け、経過は良好という。



◆ 朝日デジタル 関連リンク
甲状腺被曝、最高1万2千ミリシーベルト WHO報告書(12/12/1)
子の甲状腺の嚢胞「放射線影響考えにくい」 専門家指摘(12/12/1)
福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告(12/11/25)
甲状腺検査、長崎でも 環境省、福島の子どもと比較(12/11/20)
子どもの甲状腺検査で1人がん 福島県、被曝の影響否定(12/9/11)
【速報】第10回福島県民健康管理調査検討委員会(おしどりマコ) | News Log
【速報】第10回福島県民健康管理調査検討委員会(おしどりマコ) | News Log

2013年2月13日、福島県福島市杉妻会館にて、第10回県民健康管理調査検討委員会が行われた。

そこで、甲状腺検査、健康診査などの発表があった。
重要なものを速報としてあげる。

********

平成23年度に3万8千114人の小児甲状腺検査が行われたが、
B判定となり、二次検査の対象になったものが186名いる。

このうちに実際に二次検査をしたものが162名、(再検査11名、二次検査終了151名)
その中で、細胞診まで実施したものが76名。

66名は良性と診断されたが、10名は悪性もしくは悪性の疑いとのことであった。
10名のうち3名は悪性と判明され、手術等の治療を受けたとのこと。

この10名は、男子が3名、女子が7名で、平均年齢は15歳、
甲状腺腫瘍のサイズの平均は15mm とのことであった。

平成24年度の小児甲状腺検査で二次検査の対象になったものは549名であるが、
検査はまだ進行中で結果はとりまとめていないとのこと。

********

筆者はこの悪性もしくは悪性の疑いと診断された10名のうち何名かを個人的に知っているが、
線量の低いところでは全くない。
線量の高いところで、原発事故以降、避難をせずに生活をしていたご家族である。

この甲状腺検査の結果を、線量評価と相関しないのか、と筆者は質問した。
鈴木俊一氏はまだ調査途中なので、そのような検討は公表しない、という回答。

では、悪性もしくは悪性の疑いと診断された10名の線量評価を把握しているか、と聞くと
それは把握しているが、公表はしない、という鈴木眞一氏の回答であった。

他の記者からも、A1、A2判定含め、地域別の割合を公表してほしい、という要望があったが、
検討はするが、現段階では公表はしない、とのことであった。

(続)


2012年12月04日 福島のニュース

「福島のみなさん」取材をはじめるキッカケ

「福島のみなさん」取材をはじめるキッカケ

 この企画は記者クラブという現在のマスコミ報道のシステムにより、被災地とりわけ放射能の汚染が酷い福島県に対する報道がなされなくなること、ひいてはそれが福島県民への棄民となることを恐れて始めたということがあります。
 僕がテレビ・新聞の報道に疑問を持つようになったのは1994年の松本サリン事件の時からです。ご承知のようにマスコミは警察のリークをそのまま流し続け、河野義行さんという一市民であり、事件の被害者を犯人へと導こうとしました。推定無罪の原則を蔑(ないがし)ろにして、テレビ・新聞は彼を犯人であろうと連日、報道し、彼や彼の家族など周辺の人々を疲弊させました。実は僕も最初はテレビ・新聞の報道を鵜呑みにして彼が犯人だと疑ってもいました。しかし、現実はそうではなかった。
 翌年、地下鉄サリン事件が起きて河野さんの無実が証明されるとテレビ・新聞はどうしたか?一応の謝罪をしたものの、河野さんに対して誠心誠意の対応をしたかというとそうではなかった。元々、自分たちのしたことがなぜそうなったのかを検証するテレビも新聞もなかったのです。この辺りは最近の原発、放射能に関する報道でもほとんど変わってないと思います。
 僕は松本サリン事件の顛末がわかるとそれ以来、テレビ・新聞のニュースを100%信用することはなくなりました。彼らが自分たちで取材することよりも警察からの情報を権力者たちのいいように報道する。このことを僕は常に考えるようになり、報じられているニュースが誰が得するのかをまず考えるようになりました。

 実はこの頃はまだ「記者クラブ」という言葉は知らなかったのですが、2009年の政権交代の前後、僕は個人で超党派の活動をしている自称「国会ロビイスト」のドキュメンタリー映画を製作しようと、永田町周辺で撮影をしていました。そうして、その頃、上杉隆さんというフリー・ジャーナリストが脚光を浴びてきて、彼の言による「記者クラブ」というシステムを知ることになりました。彼の本も何冊か読みました。
 このシステムが先述の松本サリン事件の誤った報道を生み出す元凶なのだと思いました。このシステムが蔓延(はびこ)っている限り、同じようなことは必ず起こるだろうとも考えていました。
 ただ、この記者クラブの話を周りの人間に話してもピンと来る人はいませんでした。さっきのドキュメンタリー映画の主人公であるロビイストもこのシステムの弊害には興味がない様子でした。でも僕はその映画のラストシーンの辺りに政権交代の日に首相官邸内の記者会見に僕らが入れなくて官邸前の衛視と口論する主人公の姿というのは撮影しましたが…。

 東日本大震災が起こった2011年3月11日は僕は帰宅難民になってしまい、浅草に住んでいる友人家族のアパートに泊まりました。翌12日に福島第一原発が危ないんじゃないか?という情報が流れて、その家族の4歳の娘さんは親御さんと親御さんの実家のある九州にその日のうちに避難しました。
 震災前、原発に関することは先述のあのロビイストが反原発を唱えていて彼の言の中で「火力、水力と違って原発は一旦稼動するとコントロールできない。だから電力の30%を上下させることはしない。」ということを聞いており、コントロールできないものは人間が使ってはいけないものだなとは感じていました。
 僕は長崎県出身です。僕の実家は佐世保市の北に位置する佐々町(さざちょう)という小さな町ですが、小学校の時、見学旅行といって長崎市まで日帰りのバス旅行をします。長崎市では県庁や平和祈念公園の見学などと共に原爆資料館の見学も行います。僕が行ったのは1974年頃だと思うのですが、その時の体験は強烈なものでした。
 黒焦げの胎児のホルマリン漬けがあったり、両目が白濁し、頭のテッペンから股のところまで一直線に縫合されて座っている赤ん坊の大きなパネル写真があったのを今でも鮮明に覚えています。家に帰った後、その夜は怖くて一人で眠れず、母親の横で添い寝したこともまた鮮明に覚えています。トラウマになるくらいの出来事だったのです。
 ちなみにその後、高校時代に一度、大学時代に一度、そして近年にも一度と計三度、原爆資料館を訪れましたが、それらの資料はもうありませんでした。昔は知人から「海外を回っているんだろう」と言われ納得していましたが、今となってはそれが原子力ムラの策略だったのではないかと疑念を抱いています。

 核の恐怖とそれを引き起こした戦争という行為。自分の中ではこれらのことに対するドキュメンタリーの製作というものを震災前には考えていました。特に戦争時の一般市民の生活の証言に最も興味がありました。戦闘のことや原爆製作(マンハッタン計画)のことなどは文献や映画などですでにあったからです。
 しかしそういう状況であった割りには震災後、僕はすぐには行動できませんでした。福島の地で起きていることは戦争と言っても過言ではない状態だとは思っていました。けれど、福島という土地に一度も足を踏み入れたことがなく、何をどうしたらいいのか?あるいは、どこからどう手をつければいいのか?など、自分が躊躇していたことは確かです。悶々としていました。ただ、被災地とりわけ放射能汚染が酷かった福島県のために僕ができることをやりたかったのもまた確かなことでした。
 その頃、僕は自主製作の特撮映画を作るグループのドキュメンタリーを作り、それが終ってからはそのグループに参加して特撮作品に出演していました。その共演者の中に福島県須賀川市出身の20代の女性がいて、僕は彼女に福島へ行くにはどのようにすればいいかと相談し、彼女も協力してくれました。そうして、ようやく福島への取材、「福島のみなさん」の製作が始まりました。2011年5月下旬のことでした。

 それから、毎月、最低一回は福島へ行き、住んでいるみなさんのお話を中心に取材させてもらっています。月一回程度ですので、なかなか広範囲とは行きませんが続けさせてもらえて光栄なことだとは思っています。
 ご協力いただいている福島のみなさんやご視聴されているみなさんへはただただ感謝の気持ちしかありません。テレビ・新聞は予想通りとしても、フリー・ジャーナリストでも取材されている方は少数であり、はなはだ残念なことです。
 僕のような取材方法が必ずしも最良ではないと思いますが、僕にはこれしかできません。プロでもアマチュアでもいいので、少しでも多くの人が福島の現状を世の中に伝えていくことを切に願っています。今はそれしかないと思っています。

<終>
記事をひらく »

2012年9月20日 福島のニュース

20120920 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


福島原発事故の現状について 京都大学原子炉実験所小出裕章先生に聞く




tacc77 さんが 2012/09/20 に公開

MOX燃料を使うことでのリスクについて。
もんじゅで廃棄物を減らす研究は可能なのかについて。
原子炉の廃炉にする場合の方法や期間について。



===========================================
MBS1179『たね蒔きジャーナル』終了の公式発表
===========================================
2012年秋の改編について
http://www.mbs1179.com/201210/

毎日放送「たね蒔きジャーナル」打ち切りに抗議して、
すみやかな番組復活を求めます。
http://www.news-pj.net/request/pdf/2012/tanemaki-0918.pdf

2012年9月20日、東京新聞の記事「たね蒔きジャーナル打ち切り」に、
小出裕章氏のコメントが掲載されました。
http://fb.me/1f25TwMkS

2012年8月24日 福島のニュース

県産米HPで安全確認 玄米全袋1ベクレルで公表 | 県内ニュース | 福島民報

県産米HPで安全確認 玄米全袋1ベクレルで公表 | 県内ニュース | 福島民報

 本県産米の風評被害払拭(ふっしょく)に向け消費者に安全性をアピールする手法を検討していた県は22日までに、コメ全袋に割り当てる識別番号をインターネットで検索すると、放射性セシウム濃度の測定結果が1袋(玄米30キロ)ごとに確認できるシステムの導入を決めた。セシウム濃度を1ベクレル単位で把握できるのが特徴で、25日から開始予定の早場米検査に合わせてスタートさせる。白米を購入する消費者向けには、検査済みを知らせるシールを貼り安全性を強調する。

■白米には検査済みシール
 県が導入する安全性確認のシステムは、玄米を出荷する農家が16桁の番号が割り振られたバーコードを1袋ごとに貼り付け、検査時にセシウム濃度の測定結果のデータがコードに入力される。
 玄米を扱う流通・小売業者は、バーコードに記載された16桁の番号を県やJAなどでつくる「ふくしまの恵み安全対策協議会」のホームページ(HP)で検索すれば、セシウム濃度を1ベクレル単位で確認できる。検出下限値(1キロ当たり25ベクレル)を下回った袋は「下限値未満」と表示。検査から2~3日でHPでの確認が可能で、生産された市町村や検査日も併記する。
 袋にはバーコードの他、携帯電話などからアクセスするQRコードも貼り付け、インターネットと同様にセシウム濃度を把握できるようにする。
 県は平成24年産米について、全量全袋を対象に検査する。市町村やJAなどでつくる地域単位の協議会が実施するが、安全性をどう発信するかが課題となっていた。1袋ごとの詳細な結果を公表することで、全国の関係業者、消費者への信頼獲得を目指す。
 県水田畑作課は「検査結果を知りたい業者や消費者の声に応えたい。システムを積極的に活用してもらい、県産米の安全性を訴えていく」としている。

■全袋検査 25日、二本松から開始
 全袋検査は25日に二本松市で始まる見通し。23日に収穫予定の早場米「五百川」を検査する。
 県は今年の収穫量は昨年を上回る約36万トンと見込んでおり、約1200万袋となる。10月上旬にはコシヒカリなど主力品種の収穫が本格化する。

■安全対策協のアドレス印刷へ
 消費者に検査済みのコメの安全性を訴えるシールについて、県は精米業者らに袋への貼り付けを依頼する。シールには放射性物質検査結果を公表している安全対策協議会のHPアドレスも印刷する方針。

( 2012/08/23 08:59 カテゴリー:主要 )
1ベクレルで公表というのは、誤解をさせる表現だ。
下限値25ベクレル、それ以上は1ベクレル単位で公表するという意味だ。
いずれにしても、25ベクレルあるかも知れないということになる。
毎日食べる主食のコメだ。
1200万体の怪しげなコメが堂々と流通する。

2012年7月05日 福島のニュース

震災ファイル:下仁田のヨーグルトから基準値以下のセシウム /群馬- 毎日jp(毎日新聞)

震災ファイル:下仁田のヨーグルトから基準値以下のセシウム /群馬- 毎日jp(毎日新聞)

毎日新聞 2012年07月05日 地方版

 県は4日、下仁田町の販売店で採取したヨーグルトから、1キロ当たり16ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。基準値(同100ベクレル)は下回った。ヨーグルトは県産の原乳を使用していた。また、沼田市の製造所で採取した牛乳は同5・7ベクレルで、牛乳の基準値(同50ベクレル)は下回った。
牛乳は乳牛が体内にセシウムを取り込んだからだ。それは、放射能に汚染された牧草を食べたことによる。
濃縮されて人の口に入ることを止めるためには、根本的な対応をしなくてはならない。
基準値以下だから問題ないとするだけでは返って風評被害を広めることになる。

2012年4月06日 福島のニュース

双葉町長「人間扱いとは、こういうこと」と評価 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

双葉町長「人間扱いとは、こういうこと」と評価 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
(2012年4月6日07時28分 読売新聞)

 福島県双葉町の井戸川克隆町長は4日、平野復興相が東京電力福島第一原子力発電所周辺の一部地域を、国が管理する無人の緩衝地帯とする考えを示したことについて、「大いに評価する。人間を人間として扱うというのは、こういうことだ」と述べた。


 住民と役場機能が避難する埼玉県加須市で、読売新聞の取材に答えた。

 井戸川町長は、「原発事故はいまだ収束せず、放射能は出続けている」との認識を示した上で、年間被曝(ひばく)線量が20ミリ・シーベルト以下で住むことができるなどとする政府の計画を、「無責任」と批判。平野復興相の考えについて、「大臣の私案とはいえ、言葉の重みを感じる。自然でノーマルな発言だ」と評価した。

 また、緩衝地帯については、「物理的、科学的な検証をして、整合性のある区域を設定してほしい」とした上で、原発やレントゲン室のある病院などに設けられる「放射線管理区域」による立ち入り禁止の取り扱いを参考にするよう提案する考えを示した。

 井戸川町長は「世界最大規模の事故なのに、何ら特別な対策をしない中で収まったと言い、住んでいいという発想が我々をバカにしている。事故を矮小(わいしょう)化しようとしているようにしか見えない」と断じた。
双葉町といえば、原子力と進む町の発展をスローガンとして来た、いわゆる原発城下町ではなかったか?
いったん事故が起きれば誰も住めなくなることくらい見えていたはずだ。
自業自得、痛い目に合うというのはこの事かもしれない。

忘れ物をしているのではないかと、このような記事を読むたびに思う。

双葉町は震災と放射能事故の被害者であると同時に、原発を受け入れ推進してきた町でもある。
悔いとか反省とか、失敗だったとか、騙されたでもいい、声はないのだろうか。
事故以前は交付金、事故後は補償を求めているだけなのだろうか。

2012年4月04日 福島のニュース

福島の子ども 元気に初泳ぎ 海開きに108人招待 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

福島の子ども 元気に初泳ぎ 海開きに108人招待 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
2012年4月4日

 【豊見城】豊見城市豊崎の美らSUNビーチで1日、海開きがあった。春休みの期間中、沖縄を訪れている東日本大震災の被災地、福島県の子どもたち108人が招かれ、地元の子どもたちと一緒に初泳ぎを楽しんだ。
 子どもたちに、震災や原発事故による心身の影響を癒やしてもらおうと県ユースホステル協会が3月24日から4月5日まで受け入れ、県内で平和学習などをしている。









2012年3月30日 福島のニュース

セシウム:100ベクレル超の福島県産米を全量廃棄へ - 毎日jp(毎日新聞)

セシウム:100ベクレル超の福島県産米を全量廃棄へ - 毎日jp(毎日新聞)
2012年3月29日 19時54分 更新:3月29日 20時25分

 食品中の放射性セシウムに対し、4月からより厳しい新基準値(1キロ当たり100ベクレル)が適用されるのを踏まえ、農林水産省は29日、昨年の福島県産米のうち検査で100ベクレルを超えた産地のコメを旧市町村単位で全量買い上げ、廃棄することを決めた。消費者の不安を解消するとともに、農家の経営を支援するのが狙いで、対象は最大3万7000トン、費用は90億円となる見込み。
これを見て、この国は終わりなのだと感じた。
どこの世界に廃棄するために食料としてのの農産物を生産する国があるだろうか。
国民の税金が野放図に使われていく。
だったら、生産をさせないで、保証金として金を渡したほうが、農家にとってもよかったはずだ。
そのお金は地域をうるおして未来へ踏み出す元気のものとになったと思う。
腐った東電と国と行政が断末魔を引き伸ばしている。

2012年3月21日 福島のニュース

原発事故直後の拡散予測を消去=メール受信に気づかず―福島県 (時事通信) - Yahoo!ニュース

原発事故直後の拡散予測を消去=メール受信に気づかず―福島県 (時事通信) - Yahoo!ニュース
時事通信 3月21日(水)10時32分配信

 東京電力福島第1原発事故で住民避難に活用できなかったことが問題視されている「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)について、福島県が事故後の昨年3月15日朝までにメールで送られた放射性物質の拡散予測をなくしていたことが21日までに分かった。県はメールの受信に気づかず、データを消去していたとみられる。
一年前のことを、なぜ今頃わかったとして報道するのだろうか。
>>メールボックスの容量がいっぱいになったとして、他のメールとともに消去していた可能性が高いという。
公的なメールの消去を内容も確認せずに、誰が判断して誰が指示して誰が消去するのだろうか。
何かのプログラムが自動的に消去するというような話を聞いたことはない。

今行われているのはアリバイ工作ではないか、時間の流れと事実を精査して調整しているのではないか。
都合の悪いことは発表しない、あるいはデータが無くなった、消去された、壊れてしまった、などとする。

昔からのことわざに、「ウソから出たマコト」というのがある。

いまさら真実を期待していない。

2012年2月25日 福島のニュース

河北新報 東北のニュース/南相馬市職員 震災後、101人が早期退職

河北新報 東北のニュース/南相馬市職員 震災後、101人が早期退職
2012年02月25日土曜日

 南相馬市は24日、東日本大震災後に早期退職した市職員が101人に上ることを明らかにした。例年の早期退職者は20~30人。大幅に増えたことについて、市は「早期退職者の中には家族を市外に避難させている人もいる。震災や原発事故の影響は否定できない」と話している。
 市によると、本年度に早期退職した職員は一般職33人、医療職68人。一般職は前年度の11人から3倍、医療職は10人から7倍近くに増加した。
除染と復興を呼びかける南相馬の役所の足元が崩壊する現実。よだれをたらす原発ハイエナどもは、除染利権確保のために、この現実にどのようなアクションを企画するだろろうか。市民が立ち上がり、ハイエナどもから南相馬を奪い返すことがあるだろうか。ネットウォッチの焦点はここにある・・・かも?
いや、市民がどんどん逃げて行くニュースも期待している。

・・・下記のニュース、すでに手回しのよいこと、ハイエナヒーローの登場だ。
こんなのを喜んでいるようでは、南相馬は世界の笑いものだ・・・


河北新報 東北のニュース/被ばく防止策、俺が広める 南相馬に「ご当地ヒーロー」


河北新報 東北のニュース/被ばく防止策、俺が広める 南相馬に「ご当地ヒーロー」
2012年02月25日土曜日

放射能対策を広めるご当地ヒーロー「相双神旗ディネード」が誕生し、DVDによるドラマ化が進められている。福島県浜通り地方を荒らす「悪の軍団」と戦う子どもの味方だ。キャッチフレーズは「勝つんじゃない。生きるんだ」。被災者やボランティアが協力して撮影を進め、3月に完成する。
 放射性物質の影響で外遊びができない子どもに楽しんでもらおうと、南相馬市でボランティア活動を行っている東京都の音楽専門学校講師松村荘次郎さん(31)らが企画。子どもらに放射性物質への正しい対処法を伝えることを目指し、県の「地域づくり総合支援事業」から補助を受けて撮影が始まった。
「子どもらに放射性物質への正しい対処法を伝えることを目指し・・」なんて場か行ってる前に、子供たち全員を早急に避難疎開させろ。と訴えるはずの市職員はさっさと退職して避難している。子供たちの医療をになうはずの医者や看護師も早い。この陳腐なキャラクターは、子供たちの味方ではなく、被曝を強要する悪人だ。多くの子供たちが騙される。

2012年1月31日 福島のニュース

ふくしま集団疎開裁判: 【速報】大江健三郎さんと柄谷行人さんが「世界市民法廷」に支持と支援の表明

ふくしま集団疎開裁判: 【速報】大江健三郎さんと柄谷行人さんが「世界市民法廷」に支持と支援の表明

ノーベル賞と著名な・・・チョムスキーの肩書きは何だろう?
そして、世界市民法廷、何だか仰々しい名前が並ぶが、結果として子供たちはどうなるの?
世界市民法廷て日本政府や福島県を動かす力があるの?


2012年1月31日 福島のニュース

全農がコメの価格を引下げ - NHK福島県のニュース

全農がコメの価格を引下げ - NHK福島県のニュース

去年秋に収穫された、県産のコメは、原発事故の影響を受けて西部の会津地方を除き販売の不振が続いていて全農福島が集めたコメ8
万5000トンのうちまだ7万トンが
売れずに在庫として残っています。このため全農福島は、県内産の一部のコメを対象に去年10月に決めた卸売り業者への販売価格を引き下げることを決めました。主力のコシヒカリでは、中通りと浜通りでの価格を60キロあたりそれぞれ1500円、率にしておよそ10パーセント引き下げて新しく中通りで1万3800円、浜通りで1万3700円とします。
「ひとめぼれ」については県の全域で500円引き下げて、1万3500円とします。一方、基準を超える放射性物質の検出がなく販売が比較的順調な会津地方のコシヒカリは今の1万5800円のまま据え置きま
す。

・・・
7万トン!
誰の口に入るのか?
そう思うと、頭から体へへシビレが広がる。
子供たちには喰わせられない。

2012年1月28日 福島のニュース

河北新報 東北のニュース/「山形の学校に残る」86% 原発避難の小中生を市教委調査

河北新報 東北のニュース/「山形の学校に残る」86% 原発避難の小中生を市教委調査

 福島第1原発事故で福島県から山形市に避難し、市内の公立学校に通う小学1年~中学2年と、4月に小学校入学を控えた幼児計435人のうち、374人(86.0%)が新年度も福島に戻らず、山形市内の学校への通学を予定していることが、市教委の就学状況調査で分かった。市教委は「放射線量への不安などから、福島に戻る決心がつかない親子がまだ多い」と受け止め、新年度も就学援助など避難者支援を継続する。

2012年1月28日 福島のニュース

時事ドットコム:福島で規制値超えもち米=昨年11月までに販売

時事ドットコム:福島で規制値超えもち米=昨年11月までに販売

 福島県は27日、同県伊達市の農家が生産したもち米から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。濃度は1110ベクレル。県によると、この農家のもち米のうち57.5キロが昨年11月上旬までに市内の直売所で販売された。直売所は回収を呼び掛けている。(2012/01/27-21:50)
食べたものはどうやって回収する。
検査漏れというより、検査していない。
これでは、恐ろしくて買えない。

@HayakawaYukio
早川由紀夫 はい、それは、現在も有効な注意です。RT @savezuyo: "既に販売されていた。市場に流通しているものは全て基準値以下で安全ですという説明は通用しませんね@H: 1110ベクレル!時事ドットコム:福島で規制値超えもち米=昨年11月までに販売

2012年1月27日 福島のニュース

河北新報 東北のニュース/汚染焼却灰「記念品だ」 福島・塙町長が東電に手渡す

河北新報 東北のニュース/汚染焼却灰「記念品だ」 福島・塙町長が東電に手渡す

 福島県塙町の菊池基文町長は25日、東京電力本店(東京)を訪ね、白河、会津地方の自主避難者も福島第1原発事故の損害賠償の対象に入れるよう求めた。高い放射線量が出て処理できない汚泥の焼却灰を持参し、「福島を分断することは許されない」と訴えた。
 菊池町長は灰をドクロマークの紙を張った容器に入れ、交渉に臨んだ。「この灰は捨てる場所がなく、成仏できない。花咲かじいさんは木に灰をまいて花を咲かせたが、この灰は人を滅ぼす。白河、会津地方は蚊帳の外に置かれたが、われわれはこんな恐ろしい灰とともに生活している」と述べた。
 東電の西沢俊夫社長は「誠心誠意対応する」と答えた。菊池町長は交渉後、皮肉交じりに「記念品だ」と言い、灰の容器を東電の役員に渡した。

・・・
ポーズで終わるなよ!
最後まで見届けるから・・・しかし、信じられない。
が、記憶には残したい。
最近、セシウムにやられたか記憶力が落ちたので、
引用して気の利いたことをコメントすることが苦痛になった。
悪しからず・・・

2012年1月25日 福島のニュース

「農家できなくなる」 食品のセシウム新基準に怒り/福島民報

「農家できなくなる」 食品のセシウム新基準に怒り/福島民報

 「厳しくされたら農家をやめるしかない」。食品中の放射性セシウムの新基準値について、厚生労働省と内閣府食品安全委員会による説明会が24日、福島市で開かれ、出席した県内の農家らから怒りの声が相次いだ。東京以外で初めて開催されたが、国の方針に納得しない生産者の姿が目立った。一方、消費者は基準の一層の厳格化を求めている。県は放射性物質検査態勢の確立に不安を抱える。

・・・

「毎日食べるわけではない、あんぽ柿やブルーベリーなどの嗜好(しこう)品まで100ベクレルとすべきではない」。説明会で二本松市の農家男性は、国が農家の窮状を反映せず基準値を厳しくしたことに憤り、見直しを求めた。「一律の厳格化により農家は生産できなくなり、特産品が消えてしまう」と訴えた。

・・・

 県内農家には厳格化されることへの不安や動揺が広がっている。郡山市の農業男性は昨年、約20ヘクタールの水田で作ったコメに放射性物質は検出されなかった。しかし、今年産が昨年と同じ結果になるとは限らない。「消費者に安心してもらうために厳格化は必要。ただ、わずかに検出されただけで周囲の農家ごと風評被害にさらされては安心してコメ作りができない」と嘆いた。

・・・

 農作物から放射性物質がほとんど検出されていない会津地方。基準が厳格化されても影響は少ないと考える農家は多い。会津坂下町でコメやソバ、リンゴを生産する農業加藤健さん(63)は「基準が厳しい方が安心して出荷できる。消費者にとってもいいことだ」と受け止めている。
ツイッターではニュースのタイトルだけが流されたので、農家は新基準に反対のように思えたが、記事には農家は基準値の厳格化を受け入れているが、国の一方的な対応に怒りを感じているようだ。

2012年1月16日 福島のニュース

河北新報 東北のニュース/警戒区域の野生化牛 筋肉被ばく、血液の20~30倍

河北新報 東北のニュース/警戒区域の野生化牛 筋肉被ばく、血液の20~30倍

 東京電力福島第1原発から半径20キロの警戒区域内で野生化した牛の筋肉に蓄積された放射性セシウムの濃度は、血液中の20~30倍に上ることが、東北大加齢医学研究所の福本学教授(病理学)らのグループの調査で分かった。大学は2012年度、調査牛の臓器や血液などを冷凍保存した「組織バンク」を整備。グループは今後、どの臓器に放射性物質がどれだけ蓄積するのか詳しく解析し、人体の内部被ばくの研究に応用していく。
 調査は昨年8月下旬に着手。これまでに殺処分された88頭の牛を所有者の同意を得て解剖し、内臓や筋肉、血液に含まれる放射性物質を調べた。
 その結果、血液から1キロ当たり60ベクレルが検出された牛のモモから1800ベクレルが測定されるなど、骨格筋に20~30倍の濃度で放射性セシウムが蓄積していることが確認された。舌や肝臓などの臓器は血液濃度の約10倍だった。蓄積が心配されていた甲状腺ではほとんど測定されなかった。

・・・
2012年01月15日日曜日
セシウムは筋肉に蓄積することがわかる。
同じことが人間にもあてはめられるのではないか。
胎児は親の1.3倍だという。

2012年1月07日 福島のニュース

今年のコメ作付け制限地域、2月中に決定見通し(福島民友ニュース)

今年のコメ作付け制限地域、2月中に決定見通し(福島民友ニュース)

 農林水産省と県は5日、県庁で今年のコメの作付けに関する意見交換会を開き、放射性セシウムが微量でも検出された29市町村で行っている緊急の追加検査の結果を踏まえて作付けの可否を判断する考えを示した。早ければ2月中にも作付け制限の地域が固まる見通し。
 農水省の今城健晴農産部長は「生産者は先行きに不安を持っている。とにかくスピード感を持って対応していく」と述べた。作付け制限地域が4月1日に正式決定される見通しを明らかにしたが「実質的に決められるものについては、決めていく」と前倒しする考えを示した。
 同省が示した作付けに関する考え方は、収穫したコメ1キロ当たり500ベクレルを超えた地区は作付けを制限。新基準の同100ベクレルを超えた地域は、関係機関と協議の上で作付けの可否を検討する、としている。
 県によると、2011(平成23)年産米の収穫前後と緊急追加の3検査で1キロ当たり100ベクレルを超えた地域は、福島、伊達、二本松、本宮、相馬、いわきの6市25旧市町村となっている。
(2012年1月6日 福島民友ニュース)
福島のコメ安全宣言から、一転、500ベクレルを超える汚染米が続々と見つかった。
すっかり信用を失ったコメだ。
消費者は福島のコメを信用するだろうか。
全袋検査をすると言う。
消費者と信頼をつなぐ姿勢をウォッチしたい。
※昨年のコメはまったく信用できない。

2011年12月26日 福島のニュース

根張り浅くカリウム不足 コメ基準値超え水田(福島民友ニュース)

根張り浅くカリウム不足 コメ基準値超え水田(福島民友ニュース)

農林水産省と県は25日、カリウム肥料が少量だったことや、稲の根の張り方が浅かったため稲が水田表層のセシウムを多く吸収したことが原因とする中間報告をまとめた。
中間報告?
来年はうまくやろう・・・ベクレルが出ないように?
検査方法を変える、基準値は下がるのか、それならコメを混ぜるのはどうかな?
セシウム毒米生産の片棒担ぎ、よくもコメ農家は黙っていられるものだ。
問題の本質を見抜くべきだ。
コメ農家の頭のカリウムが不足していないか?

次のページ