Archives

You are currently viewing archive for February 2013

February 28, 2013

福島のみなさん 南相馬市 2013.02.15


公開日: 2013/02/27

『福島のみなさん ~収束の日まで~』福島在住の方々の"今"を伝えています。南相馬市の安心安全プロジ­ェクトの代表・吉田邦博さんにお話を伺いました。昔は福島第二原発で働いたこともある­そうです。南相馬の現状、WBC、甲状腺検査、福島県立医大、東京大学のことなど。「­安心安全プロジェクト」ホームページ→ http://www.geocities.jp/ansinanzen_project/

February 28, 2013

福島のみなさん 郡山市(金曜抗議) 2013.02.15


公開日: 2013/02/25

『福島のみなさん ~収束の日まで~』福島在住の方々の"今"を伝えています。郡山駅前で毎週金曜日、抗­議集会を行っています。この日は市議会議員、JRの職員、公立学校の先生などがスピー­チしました。後世のため被曝もいとわないというスピーチをする方もおられました。

February 14, 2013

福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定 - 47NEWS(よんななニュース)

福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定 - 47NEWS(よんななニュース)

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査の検討委員会が13日、福島市内で開かれ、18歳以下(震災当時)の2人が新たに甲状腺がんと確定したと報告された。昨年9月に判明の1人と合わせ、3人となった。

 福島県立医大の鈴木真一教授は「甲状腺がんは最短で4~5年で発見というのがチェルノブイリの知見。今の調査はもともとあった甲状腺がんを把握している」と述べ、福島第1原発事故による放射線の影響を否定。一方で「断定はできない。これからきっちり検討していく」とした。鈴木教授によると、3人とも手術を受け、経過は良好という。



◆ 朝日デジタル 関連リンク
甲状腺被曝、最高1万2千ミリシーベルト WHO報告書(12/12/1)
子の甲状腺の嚢胞「放射線影響考えにくい」 専門家指摘(12/12/1)
福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告(12/11/25)
甲状腺検査、長崎でも 環境省、福島の子どもと比較(12/11/20)
子どもの甲状腺検査で1人がん 福島県、被曝の影響否定(12/9/11)
【速報】第10回福島県民健康管理調査検討委員会(おしどりマコ) | News Log
【速報】第10回福島県民健康管理調査検討委員会(おしどりマコ) | News Log

2013年2月13日、福島県福島市杉妻会館にて、第10回県民健康管理調査検討委員会が行われた。

そこで、甲状腺検査、健康診査などの発表があった。
重要なものを速報としてあげる。

********

平成23年度に3万8千114人の小児甲状腺検査が行われたが、
B判定となり、二次検査の対象になったものが186名いる。

このうちに実際に二次検査をしたものが162名、(再検査11名、二次検査終了151名)
その中で、細胞診まで実施したものが76名。

66名は良性と診断されたが、10名は悪性もしくは悪性の疑いとのことであった。
10名のうち3名は悪性と判明され、手術等の治療を受けたとのこと。

この10名は、男子が3名、女子が7名で、平均年齢は15歳、
甲状腺腫瘍のサイズの平均は15mm とのことであった。

平成24年度の小児甲状腺検査で二次検査の対象になったものは549名であるが、
検査はまだ進行中で結果はとりまとめていないとのこと。

********

筆者はこの悪性もしくは悪性の疑いと診断された10名のうち何名かを個人的に知っているが、
線量の低いところでは全くない。
線量の高いところで、原発事故以降、避難をせずに生活をしていたご家族である。

この甲状腺検査の結果を、線量評価と相関しないのか、と筆者は質問した。
鈴木俊一氏はまだ調査途中なので、そのような検討は公表しない、という回答。

では、悪性もしくは悪性の疑いと診断された10名の線量評価を把握しているか、と聞くと
それは把握しているが、公表はしない、という鈴木眞一氏の回答であった。

他の記者からも、A1、A2判定含め、地域別の割合を公表してほしい、という要望があったが、
検討はするが、現段階では公表はしない、とのことであった。

(続)

February 09, 2013

福島のみなさん 三春町 2013.01.19 .


公開日: 2013/02/08

『福島のみなさん ~収束の日まで~』福島在住の方々の"今"を伝えます。三春町にシェルターを構え、避­難区域などの犬・猫への給餌や保護活動などを行っている「にゃんだーガード」を訪ねま­した。代表の本多明さんのお話やシェルターにいるたくさんの犬・猫の様子です。ボラン­ティア、支援、写真展などの詳細は「にゃんだーガード」公式サイトへ→ http://nyanderguard.org/

February 03, 2013

福島のみなさん いわき市(広野町仮設) 2013.01.18


公開日: 2013/02/02

『福島のみなさん ~収束の日まで~』福島在住の方々の"今"を伝えています。いわき在住の新妻邦嗣さんと共に、いわき市高久第四応急仮設住宅を訪ねました。ここは広野町のみなさんが避難さ­れています。そこで、広野町のお医者さんや管理スタッフ(広野町の方)にお話を聞きました。年明けに起こった高級車を狙ったペンキかけ事件、広野町の現状、鮫川村焼却炉問­題など。


公開日: 2013/02/03

『福島のみなさん ~収束の日まで~』福島在住の方々の"今"を伝えています。いわき在住の新妻邦嗣さんと広野町の管理スタッフさんとのお話。いわき市高久第四応急仮設住宅で収録しました。­広野町の津波の様子、福島第二原発(2F)のその後、除染、農産物の汚染など。

February 02, 2013

福島のみなさん いわき市(豊間・久之浜) 2013.01.18 .


公開日: 2013/02/01

『福島のみなさん ~収束の日まで~』福島在住の方々の"今"を伝えています。いわき在住の新妻邦嗣さんと共に、いわき市中央台高久第一応急仮設住宅を訪ねました。そこに避難されているいわ­き市民のみなさんのお話です。津波や火災の被害、いわき市長の対応、補償格差など。